macOS 10.14 Mojaveではデスクトップに散らばったファイルを種類別に自動仕分けしてくれる「Stacks」機能が利用可能に。

シェアする

スポンサーリンク

 macOS 10.14 Mojaveではデスクトップに散らばったファイルを種類別に自動仕分けしてくれる「Stacks」機能が利用可能になるそうです。詳細は以下から。

Mojave搭載のiMac Pro

 Appleが現地時間2018年06月04日に行ったWWDC 2018の基調講演の中で、Appleのソフトウェア担当SVP Craig Federighiさんは2018年秋にもリリースを予定している次期macOSmacOS 10.14 Mojaveのデモを行いましたが、このMojaveでは新たに「Stacks(スタックス)」という新機能が追加されるそうです。

Mojaveのスタックス機能

 Stacks機能はデスクトップ上に散らばったファイルを書類やプレゼンテーション、スプレッドシート、PDF、画像、動画といった種類別にまとめてくれる機能ですが、Stacksはただファイルを種類別まとめるだけではなく、

Mojaveのスタックス機能

まとめたファイルの束をクリックすることで束を展開してくれる機能や束になっているファイルをQuickLookプレビューする機能、Stacks状態のデスクトップに、新しいファイルを移動すると、そのファイルも自動的にまとめてくれる機能もあるそうです。