macOS 10.14 MojaveではMacBook ProのTouch Barがよりユーザーに開放され、Automatorで作成したワークフローを登録可能に。

シェアする

スポンサーリンク

 macOS 10.14 MojaveではMacBook ProのTouch Barがよりユーザーに開放され、Automatorで作成したワークフローのトリガーボタンを登録する事が可能になるそうです。詳細は以下から。

Touch Bar Simulaterのアイコン。

 Appleは現在、MacBook Proの一部のモデルでFnキーに変わりカスタマイズ可能なOLEDディスプレイTouch Barを搭載していますが、次期macOS 10.14 MojaveではこのTouch Barがよりユーザーに開放され、macOSのAutomatorアプリで作成した「ワークフロー」のトリガーボタンをTouch Barに登録できるようになるそうです。

Platforms State of the Union 2018より

スポンサーリンク

Automator Workflows on Touch Bar

 これはWWDC 2018の“Platforms State of the Union”およびセッション209“What’s New in Cocoa for macOS”で発表されており、macOS Mojaveではシステム環境設定アプリの[キーボード]→[キーボード]タブにTouch BarにAutomator Workflowを表示するオプションが追加され、

macOS 10.14 MojaveのAutomator Touch Bar

ユーザーはAutomatorアプリで作成したワークフローのトリガーボタンをTouch Bar上に登録することが可能で、例えば「スクリーンショットを撮影する」や「選択ファイルをテキストエディタで開く」、「特定のアプリを開く」、「PDFをPNGに変換」といったAutomatorで作成できるワークフロー全てをワンタッチで実行することができます。

macOS 10.14 MojaveのTouch Bar Automator

 Appleはこの機能を導入するにあたり、Automatorアプリもアップデートし、Automatorアクションの[サービス]という種類が[コンテクストワークフロー]に変わり、ここでユーザーがTouch Barに登録したいワークフローを作成可能なほか、サードパーティアプリ開発者がこの機能を利用して機能拡張としてTouch Bar用のワークフローを開発&配布することもできるようです。

コンテクストワークフロー

少し利用してみた感じではBTTのTouch Barウィジェット(以下)よりは機能が少なく、制約が多いようです。

コメント

  1. 匿名 より:

    純正が充実してBTT無用になればいいのに