Yahoo!JAPAN、2018年6月1日以降TLS1.0/1.1のサポートを順次終了へ。MacOS X 10.8/iOS 5.0.1以前のOSは対応が必要に。

スポンサーリンク

 Yahoo! JAPANは2018年6月1日以降TLS1.0/1.1のサポートを順次終了すると発表しています。詳細は以下から。

Safari 9 icons

 Yahoo! JAPANは2018年04月、今週末の06月01日よりTLS 1.0/TLS 1.1のサポートを終了し、AppleデバイスではOS X 10.8 Mountain Lion/iOS 5.0.1(Safari 6)以前、PCではWindows Vista/IE10以前で同社の全ウェブサービスが順次利用できなくなると発表しています。

本セキュリティ強化の背景
TLSとは、ウェブサイトとそれを閲覧するユーザーの間の通信を暗号化することで、第三者による通信の盗聴や改ざんを防ぐための仕組みです。

「TLS1.2」は「TLS1.0」「TLS1.1」に比べ、より強固な仕組みを使っています。今後もより安全にYahoo! JAPANのウェブサービスをご利用いただくために、「TLS1.0」および「TLS1.1」を無効化し、「TLS1.2以上」をサポート対象としました。

なにとぞご理解を賜りますよう、お願いいたします。

2018年6月1日以降、古いブラウザー、パソコン、スマートフォンなどでは、Yahoo! JAPANのウェブサービスが順次ご利用いただけなくなります。 – Yahoo!セキュリティセンター

 Appleは既にこれらのOSに対してのアップデートやセキュリティアップデートを終了しており、それ以前のMac/iOSのSafariで以下のYahoo!セキュリティセンターのページにアクセスすると「対応が必要です」という表示がされます。

  • iOS 5 : 2011年10月12日リリース – 2015年06月(?)サポート終了
  • OS X 10.8 Mountain Lion : 2012年07月25日リリース – 2015年09月サポート終了

Yahoo! Japanで対応が必要なMacos

スポンサーリンク

おまけ

 また、Appleは2017年06月に開催したWWDC2017の中でmacOS 10.13 High Sierra/iOS 11でTLS 1.3(draft)をサポートすると発表し、実験的にTLS 1.3(draft)を有効にできるようになっており、

TLSの歴史

Appleのレポートによると、これまでセルラー通信では800ms以上, Wi-Fiでは500ms以上かかっていたTLS接続時間がTLS 1.3を用いることでハンドシェイクが効率化され、約1/3まで削減できるとされています。