WebKit、macOS 10.12.4やiOS 10.3 betaの「Safari 10.1」で追加される新機能を公開。

シェアする

スポンサーリンク

 WebKitがmacOS 10.12.4やiOS 10.3 betaの「Safari 10.1」で追加される新機能を公開しています。詳細は以下から。


 AppleおよびWebKitチームは現地時間2017年01月25日、「Safari v10.0」に続き、次期macOS 10.12.4およびiOS 10.3に搭載予定の「Safari v10.1」の新機能や仕様を公開しています。

Safari 10.1

The following features are new in Safari 10.1.

 Safari v10.1でサポートされるAIPや新機能は以下の通りで、既にSafari Technology Previewを通して提供されているので、Webエンジニアの方はチェックしてみてください。

  • Web APIs
  • JavaScript
    • ECMAScript 2016 and ECMAScript 2017
  • HTML
  • Layout and Rendering
    • CSS Deep Colors
    • CSS Grid Layout
    • Updated Behavior of Fixed Position Elements
  • Safari Browser Behavior
    • Keyboard Input in Fullscreen
  • Web Inspector
    • Improved Web Inspector Debugging
  • Accessibility
    • Reduced Motion Media Query
  • Safari App Extensions