DisplayLink、不具合が発生しているmacOS 10.13.4 High Sierraで最大1080pのUSB拡張ディスプレイを利用できるドライバを近く公開。

スポンサーリンク

 DisplayLink社が同社のUSB拡張ディスプレイ製品の不具合が発生しているmacOS 10.13.4 High Sierra環境のユーザーに対し、最大1080pのUSB拡張ディスプレイを利用できるドライバを近く公開し、テストしたいと発表しています。詳細は以下から。

DisplayLinkのロゴ

 Appleが現地時間2018年03月29日にリリースした「macOS 10.13.4 High Sierra (Build 17E199/17E202)」ではeGPU64-bitテストモードなどがサポートされたものの、DisplayLink社のUSB拡張ディスプレイが利用できない不具合などが確認され、DisplayLink社は暫定的にクローンモードが利用できるDisplayLinkドライバ v4.2 Betaを公開しましたが、

現地時間2018年05月01日に問題が報告されているフォーラムを更新した同社のUSB DockingプロダクトマネージャーAlban Ramponさんによると、現在DisplayLinkは次期macOSに向けて新しいドライバを開発中で、その間の解決策として最大1080p解像度で1台のUSB外部ディスプレイが利用できるドライバを7~10日程度で公開するために動き出しているそうで、

Meanwhile, we have been developing a partial workaround solution which would add one extended USB display (up to 1080p) on macOS 10.13.4. We are aiming to release a preview version of this driver in around 7 to 10 days. The precise date depends on how the solution performs under deeper and wider testing, and how long it takes to resolve remaining issues. We expect the driver to enable one extended 1080p screen, and one cloned screen connected to a DisplayLink device. There may be some other functional limitations.The new alpha driver will be posted online as soon as possible.

macOS High Sierra 10.13.4 – DisplayLink Support

このドライバの開発がうまく行けば、1080p外部ディスプレイとクローンモードのディスプレイを1つDisplayLinkのデバイスで利用できるようになるそうなので、ユーザーの方はDisplayLink社のフォーラムをチェックしてみて下さい。