APIキーが無効となった「Twitter for Mac」アプリを新しいAPIキーを入力して利用できるようにする「LauncherX v0.1.1」がリリース。

スポンサーリンク

 APIキーが無効となった「Twitter for Mac」アプリを新しいAPIキーを取得して利用できるようにする「LauncherX v0.1.1」がリリースされています。詳細は以下から。

LauncherX

 Twitter, Inc.は現地時間2018年02月16日、Mac用TwitterクライアントTwitter for Macの公開を終了し、03月16日をもってサポートを終了、同時にAPIキーを無効にして「Twitter for Mac」をTwitterから遮断しましたが、無効となったAPIキーに代わり、ユーザーが新たに入手したAPIキーを利用し「Twitter for Mac」を復活させるLauncherX v0.1.1」を英DeliverooのエンジニアCarlos Vidalさんが公開しています。

v.0.1.1

  • Drag and drop no longer needed as the Twitter app is automatically detected.
  • OAuth consumer key and secret configurable from the preferences menu.

リリースノートより

 使い方はGithubリポジトリからLauncherX v0.1.1をダウンロードし、アプリケーションフォルダに入れて起動するとTwitter for Macアプリのバイナリが書き換えられ起動し、[Preferences]パネルに「OAuth consumer key」と「OAuth consumer secret」を入力するボックスが追加されるので、Twitterに開発者登録して発行されるこれらのコードを入力すればまた「Twitter for Mac」が利用できるようになるそうですが、

この方法で「Twitter for Mac」を利用し続けてもTwitterは2018年06月20日に”User Streams”やDMのAPIの廃止する計画を発表しているので、それ以降も利用できるMacアプリをお探しの方はサードパーティ製アプリやTwitter LiteをPWA化して利用することをお勧めします。

コメント

  1. 匿名 より:

    公式が終わったっていうんだから、もう終わりにしてやればいいのに・・・

  2. 匿名 より:

    こんなに使いたいユーザがいるんならオープンソースにでもして使わせてあげればって思っちゃう

  3. 匿名 より:

    サードパーティにAPI解放してくれるだけでいいんだけどなあ。