The Iconfactory、iPad用スケッチアプリ「Linea Sketch v2.0」をリリース。移動やZipLine、ポートレートモードをサポート。

スポンサーリンク

 The IconfactoryがiPad用スケッチアプリ「Linea Sketch v2.0」をリリースしています。詳細は以下から。


 TwitterクライアントTwitterrificシリーズなどを開発&販売している米The Iconfactoryは現地時間2018年03月20日、昨年02月にリリースしたiPad専用のスケッチアプリLinea Sketch (旧 Linea)をv2.0へメジャーアップデートしたと発表しています。

Linea Sketch v2.0

Linea Sketch 2 now lets you move and transform selections, import images for reference, draw straight lines, use new templates in portrait or landscape, drag and drop in split-screen, and more to help bring your ideas and creations to life.

リリースノートより抜粋

 Linea Sketch v2.0の新機能は以下の通りで、iOS 11の新機能であるドラッグ&ドロップやSplit View, キャンパスを縦に出来るポートレートモードにも対応しています。

スポンサーリンク

Move/Transform Selections

 新たに追加された移動(Move/Transform)ツールは、選択ツールで指定したオブジェクトをカットし移動出来る他、カットしたオブジェクトをペースト、回転、縮小/拡大に加えカットしたオブジェクト内にあるレイヤーをON/OFFして移動することも可能です。

Move / Transform

ZipLine

 ZipLineツールはペンツールで描いたラインを一定時間ホールドしておくと直線に変換してくれるツールで、ラインだけでなく消しゴムツールでも利用することが可能です。

ZipLine

 ホールドしておく時間は[Settings]から0.25/0.5/0.75/1秒と0.25秒間隔で変更することが出来、もちろんOFFにすることも出来ます。

Image Import

 また、Linea Sketch v2.0では画像のインポートも可能になっており、iOSデバイスの写真ライブラリやカメラで撮影した写真、iCloud経由で同期したファイルなどをブラウズし直接レイヤーとして読み込むことが出来ます。

Image Import

 Lnea Sketchの通常価格1,200円ですが、現在はv2.0へのアップデート記念として50%OFFの600円で販売されているので、興味のある方は公式サイトなどをチェックしてみて下さい。

Linea for iPad 1,200円 → 600円

Linea Sketch
Linea Sketch
Developer: The Iconfactory
Price: ¥600+

リリースノート

  • Move/Transform Selections
    • New scissors icon in Layers panel see in-app video for a demo!
    • Resize by dragging the orange handles
    • Rotate with two-fingers or by dragging the selection box outline
  • ZipLine
    • Quickly create straight lines and polygons see in-app video for a demo!
    • The delay needed to activate ZipLine can be adjusted via Linea’s settings
  • Image Import
    • Add images to a layer see in-app video for a demo!
    • Import from your camera, photo library, clipboard, or a file browser app
  • Portrait Orientation
    • Linea now supports portrait orientation for drawings and notes
    • New sketches are created using the iPad’s current orientation
    • Change the orientation by rotating 90º and closing sketch
  • New Templates & Grids
    • Take notes on Notepads with wide and narrow rules
    • All templates work in portrait and landscape orientation
    • New storyboarding template with 1.85:1 ratio
    • App Design templates updated for latest devices
    • Added small dot grid
  • Split Screen
    • Linea can now be used while it’s side-by-side with another app
    • Reference an image in Photos or on the web
    • Take notes while researching in Safari or any other app
  • Drag and Drop
    • Drag images from another app and drop them into the active layer
    • Drag images out of the Export view
    • Turn on the Settings option to drag out from Selection
  • Other
    • Reduced size of the smallest eraser
    • Added support for Smart Invert Colors to help folks with low vision