Bombich、Mac用バックアップユーティリティ「Carbon Copy Cloner v5.1」でAPFSのスナップショット作成&管理機能を追加すると発表。

スポンサーリンク

 BombichがMac用バックアップユーティリティ「Carbon Copy Cloner v5.1」でAPFSのスナップショット作成&管理機能を追加すると発表しています。詳細は以下から。

Carbon Copy Clonerのアイコン。

 米Bombich Software, Inc.は現地時間2018年03月06日、Macのシステムボリュームの完全なクローンを作成できるバックアップツール「Carbon Copy Cloner(以下、CCC)」の次期アップデートとなるCCC v5.1で新たにAPFSのスナップショット機能をサポートすると発表しています。

Carbon Copy Cloner v5.1 Beta

CCC 5.1-b5: March 6, 2018 — This is a pre-release update of CCC
If you prefer to not see beta versions of CCC, open CCC’s Preferences window, click on Software Update, then uncheck the box next to Inform me of beta releases.
Say cheese!
We’re excited to announce that CCC 5.1 introduces much-anticipated support for creating and managing snapshots on APFS volumes!

Beta版のリリースノートより抜粋

スポンサーリンク

APFSスナップショットとCCC

 APFSファイルフォーマットのスナップショット機能は、WWDC2017でMobile Time Machineとして紹介され、macOS 10.13 High SierraヘアップデートしたSSDのMacでは、外部ストレージを接続していなくても内部ストレージ上に定期的にスナップショットが作成され、Macを過去の状態に復元することが出来ますが、

関連記事

CCC v5.1ではMacのSSDに保存されたスナップショットを管理または作成することが可能になるそうで、既に公開されているBeta版では通常はストレージ領域に空き容量が無くなると自動的に削除(Purge)されるスナップショットを手動で削除できる他、24時間毎かつ毎週保存されるスナップショットの作成スケジュールを調整できるようになっています。

AppleのAPFSマネージャーを搭載したCarbon Copy Cloner v5.1

おまけ

 同様の機能はフランスのThomasさんが開発&公開しているMacのバックアップツールTimeMachineEditorでも行えますが、

CCC v5.1ではスナップショット作成の日/時スケジュールはもちろん、スナップショットを削除する空き容量の閾値やCCCのSafetyNet機能と連動したスナップショットの作成にも対応するそうなので、興味のある方はトライアル版をチェックしてみて下さい。

Default retention policy settings

  • SafetyNet snapshots will be retained for 7 days
  • Weekly snapshots will be retained until free space is constrained
  • Daily snapshots will be retained for 30 days
  • Hourly snapshots will be retained for 24 hours
  • The oldest snapshots will be deleted when free space is less than 25GB