iFixit、iMac Pro (2017)の分解レポートを公開。Apple T2チップの他にもApple製SoCが搭載されていることが明らかに。

スポンサーリンク

 iFixitがiMac Pro (2017)の分解レポートを公開しています。詳細は以下から。

Apple T2のロゴ

 Appleデバイスのアップグレードや修理キットを販売している米iFixitが、Appleが昨年12月14日より発売を開始したiMac Pro (2017)の分解レポートを公開したと発表しています。

Introduction
We dropped $4,999 to get our hands on the hot new space gray Magic Mouse and Magic Keyboard—and Apple was generous enough to throw in a brand-new iMac Pro for no extra charge! Let’s take it apart and see what makes it tick.

iMac Pro Teardown – iFixit

スポンサーリンク

iFixitのレポート

 iMac Proの分解レポートは既に米OWCが公開[1, 2]していますが、iFixitのレポートでは新たにiMac Proに搭載されているIntelのリストにないXeon W-2140B「W-2145のアンダークロック版である可能性や、

Apple T2 iFixit

Last but far from least, hovering near the SSD slots, we have two custom Apple chips:

  • Apple T2 339S00467 layered over SK Hynix H9HKNNNBRUMUVR-NLH LPDDR4
  • Apple 338S00268—this would appear to be the rumored A10 Fusion coprocessor, first seen in the iPhone 7, although the package markings are a bit different.

iMac Pro Teardown – iFixit

Dual SSDモジュールにはAppleのSoC”Apple 338S00285″が、そしてAppleのMac用第2世代SoC「Apple T2」とは別に”Apple 338S00268″というSoCが搭載されていることが確認され、これはA10 Fusionに代わり音声アシスタントSiriの“Hey Siri”機能を使用するために利用されるのではないかといった予想がコメントされており、

iMac Pro 2017の修繕制

RAMとCPUがモジュール式なことからMacBookシリーズよりは修理しやすいため、iFixitは分解や修理のしやすさを示す”Repairability Score”を10段階中”3″と設定しているので、興味のある方は公式サイトをチェックしてみて下さい。

追記

 Apple T2の横にある”Apple 338S00268″はiOSデバイスと比較して該当するモノがないSoCのため、当初これが「”Hey Siri”に使われるコプロセッサか?」と予想されていましたが、「ダイサイズ的にT2のPMIC(パワーマネージメントIC)である可能性が高いのではないか?」というコメントが寄せられているようで、Siri機能もT2が受け持つのかなどはもう少し詳しく調べて見る必要があるようです。

Apple 338S00268—this chip’s a bit of a mystery. In our initial excitement we thought it was the rumored A10 Fusion coprocessor, first seen in the iPhone 7, but the package size is too small (roughly 7.4 mm each side). Best guess: this is an Apple/Dialog Semi power management IC.

iMac Pro Teardown – iFixit