Apple、iMac Pro (2017)の標準構成をアップデートし、10コアのIntel Xeon W-2150Bプロセッサを採用。

スポンサーリンク

 AppleがiMac Pro (2017)の標準構成をアップデートし、動作周波数3.0GHz/TB4.5GHzのIntel Xeon W-2150Bプロセッサを採用しています。詳細は以下から。

iMac Proのフロントアイコン

 Appleは現地時間2020年08月04日、Intelの第10世代Coreプロセッサ「Ice Lake」を採用したiMac (Retina 5K, 27インチ, 2020)を発売するとともに、iMac Pro (2017)の標準構成をアップデートし、プロセッサに動作周波数3.0GHz/Turbo Boost時 4.5GHzの10コアIntel Xeonプロセッサを採用したと発表しています。

iMac Pro 2020 Aug

iMac Proに10コアのIntel Xeonプロセッサが標準搭載されます。ワークステーションクラスのパフォーマンスを必要とするプロフェッショナルユーザーのために設計されたiMac Proは、最大18コアのXeonプロセッサ、最大22テラフロップスに及ぶグラフィックパフォーマンス、最大256GBのクアッドチャネルECCメモリ、美しい27インチRetina 5Kディスプレイを特長としています。

iMacのパフォーマンスが2倍に増大 – Apple (日本)

 2017年12月に発売が開始されたiMac Pro (2017)は既に4回以上メモリやGPUSSDの価格改定を行っていますが、プロセッサに関するアップデートは今回が初めてで、新しい標準構成でも価格は税別558,800円と変わらないものの、プロセッサはこれまで+8万円のCTOオプションだったIntel Xeon W-2150Bプロセッサに変更されています。

iMac Pro (2017)の価格改定

クリックで拡大

 ちなみに、メジャーアップデートのないまま、プロセッサやGPUのみがアップデートされるのは2013年に発売されたMac Pro (Late 2013)と似ています。

スポンサーリンク

おまけ

 旧標準プロセッサの8-Core Intel Xeon W-2140B @ 3.2 GHz/TurboBoost 4.2GHzとIntel Xeon W-2150BプロセッサではGeekbenchのMulti-Coreスコアで約18%程度の差があります。

iMac Pro Late 2017のGeekbench ベンチマークスコア2018年02月

コメント

  1. 匿名 より:

    MBP16インチも第10世代にアップして欲しい…