Touch Barに採用されている「BridgeOS」からiMac Proに「A10 Fusion」が搭載される可能性のある情報が見つかる。

スポンサーリンク

 Touch Barに採用されている「BridgeOS」からiMac Proに「A10 Fusion」が搭載される可能性のある情報が見つかったそうです。詳細は以下から。

iMac Proのアイコン。

 AppleはMacBook Proシリーズの一部モデルに搭載されているTouch Bar/IDをARMベースの「Apple T1」チップセットおよびwatchOSベースの「BridgeOS」で制御していることが知られていますが、この「BridgeOS」の新バージョンがリークされ、2017年12月に発売予定の「iMac Pro」に関するいくつかの情報が見つかったそうです。

According to information available via the BridgeOS 2.0 software package from Apple, it appears that the iMac Pro will feature an ARM coprocessor in the form of an A10 Fusion chip. This would mark the first time that a Mac has used an A-series chip designed by Apple/

iMac Pro to feature A10 Fusion coprocessor, possibly for always-on ‘Hey Siri’ | 9to5Mac

 Appleが新たにCDNに登録したOTA用の「BridgeOS」をJonathan Levinさんらがリバースエンジニアリングを行ったところ、新たなBridgeOSはバージョン2.0となっており、発売予定のiMac ProにはBridge2.1としてiPhone 7シリーズに採用されているAppleのSoC「A10 Fusion」と512MB RAMが採用される見込みであることがわかったそうです。

 Bridge2.1はmacOSの起動とセキュリティを制御するようで、開発者のSteve Troughton-Smithさんはこれが実現すればiMac Proは初めてA-seriesのチップセットが搭載されるMacとなり、Macの電源が切れていても”Hey Siri”の様な機能が利用できるのではないかと推測しています。

AppleのBridgeOSとiMac ProのA10チップセット

This tells us:

  • All binaries are indeed 64-bit. I thank AAPL for supporting me in my decision to NOT bring back ARM32/Thumb support to jtool.
  • The binaries in /bin are there for sysdiagnose support (tsk, tsk), as explained in MOXiI Volume I, Chapter 3 and 15
  • That the despicable amfid is there shows us that AAPL is maybe considering opening up the BridgeOS for third party Apps. Else they wouldn’t need amfid , because anything would be signed ad-hoc anyway
  • The MacEFIUtil is there could mean they might offload the EFI check to the coprocessor, to improve on the heinous situation of the Mac EFI firmware wide open and subject of BlackHat talks busting through the same open door every two years on average.
  • Then again, several of BridgeOS’s own components are on the very same EFI partition (hmmm…), and the boot image has a MacEFI/j137.im4p. But where I AAP, I’d definitely perform the EFI check in the coproc. Just to put a rest to them BlackHat talks. And improve Mac Boot security, of course.

‎newosxbook.com/articles/BridgeOS.html

 iMac Proに搭載される可能性があるARM(Apple A10)の情報はHigh Sierra betaのファームウェアからも判明しているため、Appleが何らかの理由でMac(macOS)でA-seriesのチップセットをテストしているようにも見えるようですが、”Final Cut Pro X Creative Summit”で公開されたiMac Proでは特別な発表はなかったようです。

スポンサーリンク

追記

 BridgeOSからMacで「Hey Siri」をセットアップするためのリソースファイルなどが見つかったそうです。

macOS 10.13 High SierraのSiri機能

コメント

  1. 匿名 より:

    タッチパネルとiOS載せちまえ!

  2. 匿名 より:

    Pro用にそんなの求めて無いんだけど!
    とにかく、安定したもの出してくれよ!