Apple、iOS 11デバイスとの同期をサポートした「iTunes 12.7」をリリース。

スポンサーリンク

 AppleがiOS 11デバイスとの同期をサポートした「iTunes 12.7」をリリースしたと発表しています。詳細は以下から。

iTunes 10のロゴ。

 Appleは本日、次期iOSデバイス用OS「iOS 11」を9月19日にリリースし、新たにiOS 11を搭載したiPhone 8シリーズを9月22日に販売すると発表しましたが、それに伴いiOS 11デバイスとの同期をサポートした新しい「iTunes v12.7」を新たにリリースしたと発表しています。

iTunes v12.7のリリースノートより

iTunesの新機能
新しいiTunesは、ミュージック、ムービー、テレビ番組、Podcast、およびオーディオブックに重点を置いています。iOS 11デバイスの同期のサポートが追加され、以下の新機能が組み込まれています。
Apple Music。友達のミュージックを見つけられるようになりました。メンバーは、プロフィールを作成してお互いにフォローすると、聴いているミュージックや共有したことのあるプレイリストを確認することができます。

Podcast。iTunes UコレクションがApple Podcastファミリーの一部になりました。学校、大学、博物館、美術館、文化施設が制作した無料の教育コンテンツが全て1か所で検索したり調べたりできます。

これまでiTunesを使ってAppまたは着信音をiOSデバイスと同期していた場合は、iOSの新しいApp Storeまたは“サウンド設定”を使えば、Macがなくても再度ダウンロードできます。
新しいiTunesについて詳しくは、https://support.apple.com/ja-jp/HT208075 を参照してください。

iTunes v12.7のリリースノートより

 iTunes v12.7ではiOS 11デバイスのサポートの他に、既に発表されている通り大学や博物館, 文化機関などが提供している講義ビデオやオーディオブックをまとめた”iTunes U”がポッドキャストへ移動していますが、現在のところiTunes Uのコンテンツは表示されないようなので、iTunes Uを利用されているユーザーの方は注意して下さい、

iTunes 12.7のiTunes U

iTunes v12.7のシステム要件はOS X 10.10.5 Yosemite以上となっています。

追記

 iTunes v12.7ではApp StoreやApp、着信音の管理画面が削除されるため、iOSデバイスでAppや着信音を管理するようにAppleが指示しています。

Appの管理画面がなくなったiTunes 12.7

コメント

  1. 匿名 より:

    マーベリックスはサポートから外れてますよ