Apple、アプリの管理機能が搭載された「iTunes v12.6.5」の公開を再開。macOS 10.14 Mojaveは非対応に。

スポンサーリンク

 Appleがアプリの管理機能が搭載された「iTunes v12.6.5」の公開を再開しています。詳細は以下から。

iTunes 12のインストーラーパッケージアイコン。

 Appleは現地時間2018年10月03日、昨月末に公開を停止していた、エンタープライズ向けにアプリや着信音の配布や管理機能を搭載した「iTunes v12.6.5」の公開を再開しています。

This version of iTunes is not compatible with macOS Mojave.

Learn how to deploy apps with iTunes.

  1. Apple provides technical support only for the latest version of iTunes.
  2. This version of iTunes is not compatible with macOS Mojave.

Deploy apps in a business environment with iTunes – Apple Support

 公開が再開されたiTunes v12.6.5 for Macには「Appleは最新のiTunesでのみテクニカルサポートを行います」という注意書きの他に、macOS 10.14 Mojaveの非対応(互換性がない)が正式に明記され、Mojaveにはインストール出来ないようになっていますが、High Sierra以前のmacOSでは引き続きアプリの管理機能を利用できるそうなので、iTunesでiOSデバイスを管理したい方はダウンロードしてみてください。

iTunes v12.6.5

今後、macOS 10.14 MojaveをサポートしたiTunes v12.6.xがリリースされるかは不明です。

iTunes v12.6.x

  • 2017年10月
    ▶エンタープライズ向けに「iTunes v12.6.3 for Mac/Windows 32/64-bit」を公開。
  • 2018年04月03日
    ▶個人データの取扱やプライバシー情報のポップアップを表示したiTunes v12.6.4を公開。
  • 2018年09月13日
    ▶iPhone XSやXR、Apple Watch 4をサポートしたiTunes v12.6.5を公開。
  • 2018年09月27日
    「iTunes v12.6.5」非公開に。
  • 2018年10月03日
    「iTunes v12.6.5」の公開が再開。macOS 10.14 Mojaveが非対応に。