Google、9月1日からGoogle Chromeで「重要なFlashコンテンツ」以外の自動再生を停止。Flash型広告はHTML5に変換へ。

スポンサーリンク

 Google、9月1日からGoogle Chromeで「重要なFlashコンテンツ」以外の自動再生を停止するそうです。詳細は以下から。

CNN-Ad-Stop-Google-Chrome2

 Googleは以前からの発表通り、Google Chromeのパフォーマンス向上のため重要でないFlashコンテンツの自動再生を停止し、現在配信されているGoogle AdWordsのFlash広告をHTML5形式に変換するとAdWordsのGoogle +で発表しています。



 これはThe Vergeなどの複数のメディアが「Google ChromeはMacBookのバッテリーを浪費しており、Safariと比較してブラウジング出来る時間が約1時間少ない」というレビューやベンチマークを行った事がきっかけで、その後Googleがパフォーマンスの改善を約束、今回の措置はその一環だと思われます。

Averages-copy

関連記事

おまけ

 このオプションは現在最新版のGoogle Chromeでも既に使用可能で、以下の手順で設定出来るので試してみたい方はプラグイン設定の「重要なプラグインコンテンツを検出して実効する」オプションを選択してみてください。(YouTubeなどのメインコンテンツについてはこの制限を受けません)

  1. コンテンツの設定のURLをGoogle Chromeで開く「chrome://settings/content
  2. プラグイン設定から「重要なプラグイン コンテンツを検出して実行する」を選択

Google-Chrome-Privacy-Plugin