Google、パスワードのエクスポート機能をサポートした「Google Chrome v66」をリリース。

シェアする

スポンサーリンク

 Googleが2016年6月1日より前にSymantecによって発行された証明書の段階的な信頼破棄の開始やパスワードのエクスポート機能をサポートした「Google Chrome 66」をリリースしています。詳細は以下から。

Google Chromeのロゴ

 Googleは現地時間2018年04月17日、デスクトップ版Stable Channelをアップデートし、パスワードのエクスポート機能や”CSS Typed Model Object“、非同期のクリップボードAPIおよびCVEベースで34件の脆弱性を修正した「Google Chrome v66.0.3359.117(以下、Chrome v66)」の安定版をWindows/Mac/Linux/Android/iOSプラットフォーム向けにリリースしたと発表しています。

New in Chrome 66

The Chrome team is delighted to announce the promotion of Chrome 66 to the stable channel for Windows, Mac and Linux. This will roll out over the coming days/weeks.
Chrome 66.0.3359.117 contains a number of fixes and improvements — a list of changes is available in the log. Watch out for upcoming Chrome and Chromium blog posts about new features and big efforts delivered in 66.

Stable Channel Update for Desktop – Chrome Releases

スポンサーリンク

パスワードのエクスポート

 Chrome v66では新たにChromeブラウザに保存されているパスワードをエクスポートし、他のアプリで利用できるようになっており、Mac/iOS版のChromeで確認したところファイル形式はCVSで、エクスポート時にはパスワードやTouch IDでの認証が求められるようになっていました。

chrome://settings/passwords

Chrome をご利用いただきありがとうございます。このリリースでは、Chrome で保存されたパスワードをエクスポートして別のアプリでご利用いただけるようになりました。また、安定性とパフォーマンスも向上しています。

Chrome – Google のウェブブラウザ – iTunes

 また、今回リリースされたChrome v66ではGoogleが以前からアナウンスしていた通り、2016年06月01日以前に発行されたSymantecのサーバ証明書に対しての信頼の段階的は破棄が開始しされ、2018年10月23日前後の週にリリース予定のChrome v70では完全に破棄される予定のため、Googleはサイト管理者に対応を求めています。

Chrome 66
2016 年 6 月 1 日より前に発行された Symantec の SSL/TLS 証明書を使っているサイトは、Chrome 66 で動作を停止します。これにより、すでにユーザーに影響が出ている可能性があります。

Google Developers Japan: Symantec の PKI の無効化について: 要対応確認 – Google

コメント

  1. 匿名 より:

    パスワードを窃取するための機能か