macOS 10.13 High Sierra betaのeGPUゲームグラフィック性能は、現在のところWindows環境より低いもよう。

スポンサーリンク

 macOS 10.13 High SierraでサポートされるeGPUのゲームグラフィック性能は、現在のところWindows環境より低いようです。詳細は以下から。

Apple eGPUのアイコン。

 MonitoramaカンファレンスのオーガナイザーやO’Reillyの”Monitoring with Graphite“の著者であるJason Dixonさんによると、今年の秋にリリースが予定されているmacOS 10.13 High SierraのeGPUのゲームグラフィック性能はWindows OSと比較して数十%程度劣っているそうです。

Dave Lee : I had high hopes for external GPUs in macOS high sierra but performance is still pretty lame. Thanks for watching 2d fam!

YouTubeより

ベンチマーク

 これをカナダのDave LeeさんがMacのハードは変えずOSとGPUのみを変更してゲームグラフィックの性能を比較したところ、eGPUの性能はRadeon(Apple公式)/GeForce(Webドライバ) GPU共にWindows 10環境の方がHigh Sierraより20~70%程度高かったそうで、

  • PC : MacBook Pro 15インチ 2017 (Thunderbolt 3) モデル
  • eGPU Box : Mantiz Venus
  • GPU : Radeon RX 580/GeForce GTX 1080
  • OS : macOS 10.13 High Sierra beta/Windows 10

macOS 10.13 High Sierra betaのeGPU性能

High Sierraは現在Beta版で、今後GPU/eGPUドライバがアップデートされパフォーマンスが改善されることが期待できますが、予算やeGPUの手間を考えるとゲーミングPCはWindows環境の方が優れているとLeeさんはコメントしています。

おまけ

 Leeさんはゲームパフォーマンス以外のベンチマークテストも行っており、Adobe Premiere ProのGPUアクセラレーションなどはBeta版のHigh SierraでもWindows環境の90%程度まで迫っているので、興味のある方は動画をチェックしてみて下さい。

Windows 10とHigh Sierra betaのAdobe Premiere Pro eGPU支援パフォーマンス

コメント

  1. 匿名 より:

    グラボのドライバがカーネルの内側で動いてるwinの方が異常なだけ…
    としておこう。

  2. 匿名 より:

    そもそもグラボいるようなゲームってマルチ展開してないしな

    今後もこんな外付けハード買うオタク向けに、マルチタイトルが増えるとはとても考えられんし

  3. 匿名 より:

    今までGPUがらみは完全に手を抜いていたから、これでも少しマシになって良かった。
    でもCUDA使いたいならこの方法しか無いのはやっぱり選択肢からMacは外れてしまうな。