Apple、特定の文字列を使用するとアプリがクラッシュする不具合を修正した「macOS High Sierra 10.13.3追加アップデート」のpkg版をMacおよびiMac Proに公開。

スポンサーリンク

 Appleが特定の文字列を使用するとアプリがクラッシュする不具合を修正した「macOS High Sierra 10.13.3追加アップデート」のpkg版をMacおよびiMac Proに公開しています。詳細は以下から。

macOSのパッケージインストーラのアイコン。

 Appleは現地時間2018年02月19日、macOSやiOS, watchOS, tvOS向けにZWNJを含んだ特定の文字列を使用するとアプリがクラッシュしてしまうCoreTextの不具合を修正したアップデートの提供を開始[1, 2]しましたが、macOS向けには同アップデート(Build 17D102)のpkg版が別途公開されています。

macOSUpd10.13.3Supplemental.dmg

The macOS High Sierra 10.13.3 Supplemental Update fixes an issue where using certain character sequences could cause apps to crash. This update is recommended for all users.

リリースノートより

 同アップデートには脆弱性(CVE-2018-4124)を修正したCoreTextフレームワークの他、AppKitやApplicationServices, Carbon, Cocoa, GameKitフレームワークのアップデートおよびセットアップアシスタントなどが含まれており、Apple T2 SoCを搭載しBridgeOSが動いているiMac Pro向けには別途、BridgeOSのアップデートを含んだアップデーター(Build 17D2102)が公開されているので、ユーザーの方はチェックしてみて下さい。

macOSUpd10.13.3Supplementalの詳細

  1. macOS 10.13.0 追加アップデート
  2. macOS 10.13.1
  3. Security Update 2017-001 (#iamroot脆弱性を修正)
  4. macOS 10.13.2
  5. macOS 10.13.3
  6. macOS 10.13.3追加アップデート

コメント

  1. 匿名 より:

    ダウンロードしたけど、591.9MBじゃないんだよね、すごく怖いな