ゴールデンウィーク中に公開されたMac関連のセキュリティ情報まとめ。

スポンサーリンク

 ゴールデンウィーク中に公開されたMac関連のセキュリティ情報まとめです。詳細は以下から。

AppleのWarning絵文字

 2017年のゴールデンウィークは最長で4月29日~5月7日までの9日間だったようですが、今年はこの期間にAppleのXProtectが2回アップデートされる程のマルウェアやトロイの木馬が出現していたので、セキュリティ関連の情報をまとめました。

タイムライン

 日本時間4月28日~5月7日の間に発生したセキュリティ案件は以下の通りで、判明しているだけでMacを標的としたマルウェアやトロイの木馬が亜種を含め4件報告され、

AppleはXProtectを2回、Malware Removal Toolを1回アップデートし、GateKeeperで数名の開発者IDをブロックしているので、ユーザーやシステム管理者の方はMacを利用する前にシステムセキュリティやウィルス対策アプリのアップデートを確認することをお勧めします。

セキュリティアップデート

 XProtectなどMac(macOS/OS X)の必須セキュリティアップデートはデフォルトでは自動的に行われますが、システム環境設定アプリで[App Store] → [✅ システムデータファイルとセキュリティアップデートをインストール]が有効になっていないと自動アップデートではないので、気になる方はチェックしてみてください。

Macのシステム環境設定にある「システムデータファイルとセキュリティアップデートをインストール」設定