Apple、安定性とパフォーマンスを向上させた「iTunes 12.5.2」および「iCloud for Windows 6.0.1」をリリース。

スポンサーリンク

 Appleが安定性とパフォーマンスを向上させた「iTunes 12.5.2」および「iCloud for Windows 6.0.1」をリリースしています。詳細は以下から。

itunes-pkg-logo-icon

 Appleは現地時間10月27日、安定性とパフォーマンスの向上およびアルバムの再生順、Beats 1視聴中に歌詞が表示されない不具合、2件の脆弱性などを修正した「iTunes v12.5.2」をMac/Windows向けに公開しています。

itunes-12-5-2-update

iTunesの新機能
このアップデートでは、安定性とパフォーマンスが向上しています。また、以下の点も改善されます:

  • アルバムが予期しない順序で再生される場合がある問題が修正されます
  • Beats 1を視聴中に歌詞が表示されない問題が解決されます

 また、Appleは2件の脆弱性を修正したWindows用iCloudクライアント「iCloud for Windows 6.0.1」も公開しているので、利用されている方はMac App Storeや公式サイトからアップデートしてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    ちょうどこの更新と前後してApp Storeの更新履歴がまっさらになってしまった。何をいつアップデートしたのか分からん。今後もこのままではちょっと困るなあ。