Apple、OS XおよびWindows向けに「iTunes 12.3.1」をリリース。パフォーマンス向上と複数の脆弱性を修正。

シェアする

スポンサーリンク

 AppleがOS XおよびWindows向けにパフォーマンス向上と複数の脆弱性を修正した「iTunes 12.3.1」を公開しています。詳細は以下から。


iTunes12-3-1-Hero


 iTunes 12.3.1アップデートでは「全体的な安定性とパフォーマンスの向上」の他に、Yahoo Pentest Teamが発見したCoreTextの脆弱性にり任意のコードが実行されてしまう不具合などが修正されており、


iTunes12-3-1-Update

iTunes

Available for: Windows 7 and later
Impact: Applications that use CoreText may be vulnerable to unexpected application termination or arbitrary code execution

[About the security content of iTunes 12.3.1 – Apple サポート]

 Mac App StoreおよびApple Software Update, Appleの公式サイトからダウンロードできます。またiTunes 12.3ではOS X 10.7 Lionのサポートが打ち切られましたが、今回のアップデートではシステム条件更新は無いようです。


iTunes-12-3-obsolete-OS-X-10-7-5-Lion

関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    Win用のiTunesって必要か?
    iOS機器を母艦に繋ぐユーザー層はほぼMacだろ
    Winの呪縛を断ち切ってUIを何とかしてくれよ

  2. Apple7743 より:

    itunes12.3は、まったく役立たずです。全然、機能しません。おかげで、iphone6sと同期できません。というか、appleサポートの人すら、てこずっています。