macOS 10.14 Mojaveではプライバシー保護機能が強化され、Macのカメラやマイク、バックアップなどにアクセスするアプリは許可が必要に。

スポンサーリンク

 macOS 10.14 Mojaveではプライバシー保護機能が強化され、Macのカメラやマイク、バックアップなどにアクセスするアプリは許可が必要になるそうです。詳細は以下から。

macOSのプライバシー保護

 Appleは現地時間2018年06月04日より開催しているWWDC 2018の基調講演で、次期Mac用OS「macOS 10.14 Mojave」を発表しましたが、このMojaveでは今以上にユーザーのプライバシー保護機能が強化されるそうです。

Macの位置情報の取得に許可を求めるEvernote

スポンサーリンク

新たに許可が必要となるデータ

 Appleはこれまで自社およびサードパーティ製アプリがMacの位置情報や連絡先データなどにアクセスする際、ユーザーの許可を得るためのポップアップを表示していましたが、macOS Mojaveではこれまで許可が必要だった位置情報、連絡先、写真、カレンダー、リマインダーアプリのデータに加え、

macOS MojaveのPrivacy と Security

Macに接続されたカメラやマイク、メールやメッセージアプリ、Safariのデータ、Time MachineやiTunesデバイスのバックアップ、利用頻度の高い場所情報、システムクッキーにアクセスする際にはユーザーの許可が必要となるそうで、

macOS 10.13 High Sierra macOS 10.14 Mojave
保護対象
  • 位置情報
  • 連絡先情報
  • 写真
  • カレンダー
  • リマインダー
  • 位置情報
  • 連絡先情報
  • 写真
  • カレンダー
  • リマインダー
  • New カメラへのアクセス
  • New マイクのアクセス
  • New Mailデータベース
  • New Messagesの履歴
  • New Safariのデータ
  • New Time Machineバックアップ
  • New iTunesデバイス(iOS)のバックアップ
  • New 利用頻度の高い場所情報
  • New システムクッキー

特にMacに接続されたカメラ[1,2, 3]やマイク利用頻度の高い場所情報はセキュリティ関係者らがユーザーが気づかないうちに悪意のある攻撃者そのデータにアクセスできる可能性があるとして警告を出していたため、Appleがこれに対して答えた形となるようです。

イギリスの位置情報

ユーザーがプライバシーデータへのアクセスを許可したい場合は、Mojaveのシステム環境設定アプリ → [セキュリティとプライバシー] → [プライバシー]に以上の全ての許可設定が追加されているので、ここから許可を出してやることができます。