Apple、macOS Mojave向けに「macOS Mojave 10.14.2 Combo Update」などを公開。

スポンサーリンク

 AppleがmacOS Mojave向けに「macOS Mojave 10.14.2 Combo Update」などを公開しています。詳細は以下から。

macOSのパッケージインストーラのアイコン。

 Appleは現地時間2018年12月05日、Wi-Fi通話時のRTT対応やiTunesで他社製のAirPlayスピーカーが利用できない不具合を修正したmacOS Mojave 10.14.2 Build 18C54を公開しましたが、このmacOS 10.14.2アップデートのpkg版および10.14.2までのアップデートを含んだCombo Updateも同時に公開されています。

macOSUpdCombo10.14.2.dmg

macOS Mojave 10.14.2アップデートでは、お使いのMacの安定性、互換性、およびセキュリティが改善されます。このアップデートは、すべてのユーザに推奨されます。

このアップデートの内容:

  • Wi-Fi通話時のRTT(リアルタイムテキスト)に対応
  • iTunesで、メディアを他社製のAirPlayスピーカーから再生できないことがある問題を修正

リリースノートより

差分/Comboインストーラー

 macOS 10.14.2 MojaveまでのBuildナンバーと差分/Comboアップデートは以下の通りで、アップデートはAppleのサイトからダウンロード可能となっていので、ネットワークが利用できない環境にMacを置いている方はダウンロードして利用してみてください。

バージョン Build Number
10.14.2 18C54
10.14.1 18B75
10.14 18A391
  1. macOS 10.14.1 アップデート
  2. macOS 10.14.2 アップデート