Apple、macOS 11 Big SurのTime Machin機能にAPFSフォーマットを採用。より高速でコンパクトなバックアップが可能に。

スポンサーリンク

 AppleがmacOS 11 Big SurのTime Machin機能にAPFSフォーマットを採用しています。詳細は以下から。

macOS 11 Big SurのTime Machineのアイコン

 Appleは現地時間2020年10月xx日、新しいコントロールセンターやウィジェットを採用しデザインを刷新した「macOS 11 Big Sur」をリリースしましたが、このmacOS 11 Big SurではmacOSのバックアップ機能「Time Machine」のデフォルトフォーマットがHFS+からAPFS(Apple File System)フォーマットに変更されています。

macOS 11 Big SurでAPFSとなったTime Machine

 AppleはWWDC2016でSSDなどのFlashストレージのI/Oに最適化され、より高速でセキュアなAPFSフォーマットを発表し、2017年にリリースしたmacOS 10.13 High Sierraでは、起動ボリュームを既存のHFS+からAPFSへ変更しましたが、Big Surでは起動ボリュームに加え、Time MachineボリュームもデフォルトでAPFSでフォーマットされます。

Time Machine APFS-formatted

 この変更はmacOS 11 Big Sur Beta 3からテストされており、AppleはBig Surでも引き続き既存のHFSフォーマットのTime Machineをサポートしているので、古いmacOSでフォーマット(HFS+)したTime Machineボリュームを接続しても利用できますが、

新しいHDDやSSDをBig SurのMacに接続してTime Machineボリュームとして利用しようとすると、APFSでフォーマットされ、あまりないケースだとは思いますが、APFSに対応していない古いmacOSやWindowsではボリューム内の確認もできないので注意してください。

コメント

  1. 匿名 より:

    HFS+のを古いバックアップを消さず変換はできないのかな

  2. 匿名 より:

    Big SurのTime MachineではBGMまで鳴るのか