macOS 11 Big Sur Beta 3ではAPFSフォーマットのTime Machineバックアップ・ボリュームがサポートされ、より高速でコンパクトな信頼性の高いバックアップが可能に。

スポンサーリンク

 macOS 11 Big Sur Beta 3ではAPFSフォーマットのTime Machineバックアップ・ボリュームがサポートされ、よりコンパクトで高速、信頼性の高いバックアップが可能になったそうです。詳細は以下から。

macOS 11 Big SurのTime Machineのアイコン

 Appleは現地時間2020年07月22日、WWDC20で発表した次期macOSとなるmacOS Big Sur 11 beta 3 Build 20A5323lなどを開発者向けに公開しましたが、このBeta 3からはmacOSのバックアップにAPFSフォーマットのバックアップ・ボリュームが利用できるようになっているそうです。

macOS 11 Big SurのTime MachineはAPFSをサポート

Time Machine
New Features in macOS Big Sur 11 Beta 3

  • APFS-formatted backup volumes are now supported for faster, more compact, and more reliable backups. New local and network Time Machine backup destinations are formatted as APFS by default. Time Machine will continue backing up to existing HFS backup volumes. (65155545)<

リリースノートより抜粋

 macOS Big Sur 11 Beta 3のリリースノートによると、Big SurではAPFSフォーマットのバックアップ・ボリュームを利用することが可能になったことで、より高速でコンパクトな信頼性の高いバックアップが可能になっており、既存のHFSバックアップ・ボリュームも引き続きサポートされますが、新規のローカル/ネットワークTime MachineのバックアップはデフォルトでAPFSフォーマットとなるそうです。

macOS 10.15 CatalinaのTime Machine機能

macOS 10.15 CatalinaまではTime Machineのバックアップ・ボリュームに指定したディスクはHFS+で再フォーマットされます。

 Appleは現在Time Machineのバックアップ・ボリュームにAPFSフォーマットをサポートしていないものの、macOS 10.15 CatalinaでAPFSの特性を利用し、システムボリュームをユーザーがRead/Writeできる「Macintosh HD – Data」ボリュームとRead-Onlyの「Macintosh HD」ボリュームに分けることで、macOS CatalinaのTime Machineではバックアップから「Macintosh HD」ボリュームを除外することが可能になり、

macOS 10.15 CatalinaのTime MachineバックアップからMacintosh HDを除外

バックアップサイズの縮小と時間が節約されていますが、macOS 11 Big SurではAPFSフォーマットのTime Machineがサポートされることで、APFSのクローンやスナップショット機能を利用し、より高速なバックアップが可能になると思われます。

macOS 10.15 Catalinaで除外可能になったMacintosh HD

スポンサーリンク

おまけ

 また、macOS 11 Big SurではAPFSの特性を利用し、ユーザーがアップデートで作業を中断される必要がない(軽減される)Snapshot Based Updatesというシームレスで高速なアップデート手法が導入されます。

macOS 11 Big Surのスナップショット・ベースのソフトウェア・アップデート