macOS 11 Big Surではサイドバーアイコンやセレクター、フォーカスリングのアクセントカラーをアプリごとに指定できる「マルチカラー」が導入。

スポンサーリンク

 macOS 11 Big Surではサイドバーアイコンやセレクター、フォーカスリングのアクセントカラーをアプリごとに指定できる「マルチカラー」が採用されています。詳細は以下から。

 Appleは2018年にリリースしたmacOS 10.14 Mojaveで、システムやアプリのアピアランスを暗くする「ダークモード」を導入するとともに、アプリのコントロールやセレクター、サイドバーアイコン、メニュー、フォーカスリングなどのUIエレメントを表示するアクセントカラーをブルーとグラファイトの2色から8色に増やしましたが、

macOS 10.14 Mojaveのアクセントカラー

macOS 10.14 Mojaveのアクセントカラー

macOS 11 Big Surでは、既存のブルー/パープル/ピンク/レッド/オレンジ/イエロー/グリーン/グラファイトの8種類のアクセントカラーに加えマルチカラー (MultiColor)というアクセントカラーが追加されています。

Adopt the new look of macOS

WWDC20のAdopt the new look of macOSより

 このマルチカラーはMusicは赤、Podcastは紫、App Storeやメールなどは青などアプリに特定のカラーをもたせたい場合に開発者が指定したカラーをアプリごとのアクセントカラーとして設定することができる機能で、コントロールやセレクターなどのUIエレメントに反映されます。

Apple MusicとPodcastとApp Storeのアクセントカラー

Apple MusicとPodcast、App Storeのカスタムアクセントカラー

 もちろん、各アプリでアクセントカラーが変わるのが嫌は方は、システム環境設定の[一般] → [アクセントカラー]で固定することが可能で、強調表示色に限りアクセントカラーとは別に指定することができるので、macOS 11 Big Surへアップグレードした方はチェックしてみてください。

macOS 11 Big Surのマルチアクセントカラー

macOS 11 Big Surのマルチアクセントカラー