iOS 14/iPadOS 14でデフォルトのブラウザやメールアプリを変更する方法。

スポンサーリンク

 iOS 14/iPadOS 14でデフォルトのブラウザやメールアプリを変更する方法です。詳細は以下から。

iOS Mobile Safariのアイコン

 Appleは現地時間2020年09月16日、iPhoneやiPad向けにiOS 14/iPadOS 14をリリースしましたが、このiOS 14/iPadOS 14ではデフォルトブラウザをAppleのSafariからGoogleのChromeやMozillaのFirefoxなどへ変更することが可能になりました。

iOS 14でデフォルトブラウザを変更

スポンサーリンク

デフォルトブラウザ/メールアプリを変更する

ブラウザ

 デフォルトブラウザを変更する方法は設定アプリから[Safari]または[サードパーティ製ブラウザ]の設定 → [デフォルトのブラウザApp]へ進んで、リストにあるブラウザからデフォルトで利用したいブラウザを選択するだけで、

iOS 14でデフォルトブラウザを変更

デフォルトのブラウザAppリストに変更したいブラウザがなければ、そのブラウザがデフォルトブラウザの仕様を満たしていないため、アップデートを待つしかありません。

後はノートアプリや他のサードパーティ製アプリでリンクをタップすると、先程変更したブラウザでリンクが開くようになりますが、iOS 14/iPadOS 14でも引き続きサードパーティ製ブラウザはレンダリングエンジンに「WebKit」を使用しなければならないため、ブックマーク同期機能やUIなどで使いたいブラウザがなければ、あまり意味のない機能かもしれません。

メールアプリ

 デフォルトのメールアプリも同様に、設定アプリから[サードパーティ製メールアプリ]の設定 → [デフォルトのメールApp]リストからメールアプリを選択するだけですが、

iOS 14でメールアプリを変更する

ブラウザと比べてメールアプリは対応が遅く、iOS 14/iPadOS 14リリース日に間に合ったのはReaddleのSparkメールだけのようなので、気になる方は試してみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    メールアプリはOutlookも設定でデフォルトにできますよ。
    あと写真アプリでQRコードを読み込んだ際はデフォルトブラウザをSafari以外に設定してても、Safariでしか開けませんでした。

  2. JP より:

    Outlookも対応しているようですよ?