High SierraではiOS 11デバイスなどとWi-Fiパスワードを共有する事が可能に。

シェアする

スポンサーリンク

 High SierraではiOS 11デバイスなどとWi-Fiパスワードを共有する事が可能になりました。詳細は以下から。


 Appleは先週リリースしたiOS 11に手持ちのiOS 11デバイスや他人のデバイスとWi-Fiのパスワードを共有出来るWi-Fiパスワード共有機能を搭載しましたが、同様の機能は本日リリースされたHigh Sierraでも利用できるようになっています。

スポンサーリンク

使い方

 Wi-FiのパスワードをiOS 11デバイスからHigh SierraのMacへ転送する場合は以下のステップをとるだけですが、BluetoothがONになっていないと受け渡しできないので注意して下さい。

このネットワークに接続されていて、連絡先にあなたが登録されたiPhone、iPad、またはMacとこのMacを近づけることで、このWi-Fiネットワークにもアクセスできます。

  1. iOS 11デバイス(A)でネットワークID”HOGEHOGE”のWi-Fi設定を行う。
  2. High SierraのMac(B)をデバイス(A)に近づけ、システム環境設定アプリの[ネットワーク] → [ネットワーク名]からID”HOGEHOGE”のWi-Fi選択する。
  3. iOS 11デバイス(A)に「”HOGEHOGE”のWi-Fiパスワードをデバイス(B)と共有しますか?」というカードが出るので、[パスワードを共有]を選択する。
  4. iOS 11デバイス(A)カードに[共有中]の文字が表示された後、High SierraのMac(B)のWi-Fi設定画面にパスワードが自動的に挿入され、共有完了となります。