macOS High SierraのインストーラーはMacを識別しファームウェア・アップデートをダウンロードするため、インターネット接続が必要に。

スポンサーリンク

 macOS High SierraのインストーラーはMacのモデルを識別しファームウェアアップデートをダウンロードするため、インターネット接続が必要になっているそうです。詳細は以下から。

macOSのパッケージインストーラのアイコン。

 Appleは今年秋にもmacOS 10.13 High Sierraをリリースすると発表していますが、Appleが新たに組織のシステム管理者向けに公開したサポートドキュメント”Upgrade macOS on a Mac at your institution“によると、High Sierraへのアップグレードはインターネット接続が必要になっているそうです。

Upgrade macOS on a Mac at your institution

Before you upgrade
You must be connected to the Internet when you upgrade your macOS. After your Mac confirms your connection, the Installer uses the model number of your Mac to locate and download a firmware update specific to only that Mac.
Only the macOS Installer can download and install the firmware update. Firmware updates can’t be done on external devices, like those connected via Target Disk Mode, Thunderbolt, USB, or Firewire.

Upgrade macOS on a Mac at your institution – Apple Support

 Appleはインターネット接続が必要な理由として、High SierraへのmacOSアップグレードにはファームウェア・アップデートが必要となっており、このファームウェアはインストーラーがユーザーのMacのモデル番号を確認し、インストーラーが専用のファームウェアをダウンロードするためだと説明しており、旧Mac Pro[1, 2]などは既に開発者向けに公開されているHigh Sierra beta 5からAPFSサポートのために提供が始まっており、

macOS 10.13 High SierraのためのFirmware Update

加えてAppleはファームウェア・アップデートはターゲットディスクモードやThunderbolt, USB, FireWireなどの外部デバイスからは実行できないとしいるので、High Sierraへアップグレードする際は注意して下さい。

macOS High SierraでもUSBメモリなどに作成したインストーラーからのアップグレードはサポートしていますが、上記の理由からインターネット接続が必要になると思われます。

スポンサーリンク

おまけ

 macOS High SierraはモノリシックイメージによるアップグレードまたはmacOSのアップデートを非推奨/非サポートとしているため、システム管理者の方はプロビジョニングの対応に追われているようです。

Apple doesn’t recommend or support monolithic system imaging when upgrading or updating macOS.

Upgrade macOS on a Mac at your institution – Apple Support