NVIDIA、macOS 10.13 High SierraをサポートしたQuadro&GeForce GPU用Webドライバを公開。

スポンサーリンク

 NVIDIA、macOS 10.13 High SierraをサポートしたQuadro&GeForce GPU用Webドライバを公開しています。詳細は以下から。

NVIDIAのロゴ

 NVIDIAは現地時間2017年09月27日、新たにmacOS 10.13 High Sierraをサポートした公式のWebドライバ「QUADRO & GEFORCE MACOS DRIVER RELEASE 378.10.10.10.15.114」をNVIDIA GPUユーザー向けに公開しています。

macOS 10.13 High SierraをサポートしたNVIDIAのWebドライバ

 同バージョンはHigh Sierraをサポートした初のWebドライバとなっており、引き続きNVIDIA GPUを搭載した以下のMacをサポートしていますが、High Sierraで新たに追加された新しいセキュリティ機能「SKEL」の影響を受けるため、

NVIDIAのWebドライバに表示されたSKEL

Installation Note:
Because of improvements in macOS security, the Security & Privacy Preferences may open during the installation process. If it does, click “Allow” in order for the NVIDIA Graphics Driver to load, then return to the Installer and click “Restart”.

NVIDIA DRIVERS Quadro & GeForce macOS Driver Release 378.10.10.10.15.114 – NVIDIA

インストール後はシステム環境設定の[セキュリティーとプライバシー]設定からNVIDIAのドライバを[許可]して欲しいと記載されているので、利用される方は注意して下さい。

サポートGPU

  • GeForce 600 Series:GeForce GTX 680
  • GeForce 200 Series:GeForce GTX 285
  • GeForce 100 Series:GeForce GT 120
  • GeForce 8 Series:GeForce 8800 GT
  • Quadro Series:Quadro K5000 for Mac, Quadro 4000 for Mac
  • Quadro FX Series:Quadro FX 4800, Quadro FX 5600

サポートMac

  • iMac 13,1 / 13,2 (Late 2012)
  • iMac 14,2 / 14,3 (Late 2013)
  • MacBook Pro 11,3 (Retina, Late 2013)
  • MacBook Pro 10,1 (Retina, Mid 2012)
  • MacBook Pro 9,1 (Mid 2012)
  • Mac Pro 5,1 (2010)
  • Mac Pro 4,1 (2009)
  • Mac Pro 3,1 (2008)

スポンサーリンク

おまけ

 AppleはHTC ViveヘッドセットなどのVR環境をMacでも利用できるようにするため、2018年春に予定しているHigh SierraのアップデートでeGPU+VRのサポートを行うよ発表しています。

AppleのeGPU Kitについての説明。