登録した外付けストレージをMacに接続するだけで、自動的にファイルのバックアップを取ってくれるアプリ「Backup To Go」がリリースされたので使ってみた。

シェアする

スポンサーリンク

 同期したいファイルを選択し、登録した外付けストレージをMacに接続するだけで自動的にバックアップを作成してくれるユーティリティアプリ「Backup To Go」がリリースされたので使ってみた。詳細は以下から。

 Backup To Goは「外でMacが壊れたり、盗まれたりする可能性もあるでしょ?だから重要なファイルは素早くバックアップして出かけよう!」というコンセプトを元に作られたバックアップアプリで、登録したUSBメモリやSDカード, HDDを接続すると自動的に同期しEjectしてくれます。


Backup-To-Go-Hero

使い方

 使い方はメニューバーからBackup To GoのPreferencesを出し、Preferencesウィンドウの左サイドにバックアップに使う外付けストレージ、右サイドにバックアップしたいファイルをドラッグ&ドロップします。


Backup-To-Go-description

 後は[Backup Now]を押すだけでバックアップが始まり、バックアップが終了すると自動的にEjectされます。


Backup-To-Go-description2

自動Ejectを中止したい場合は[Auto Backup only]を選択。その他にもディスクの状態[Disk information]や 同期ログ[Backup Log]を表示してくれる機能もあります。


Backup-To-Go-description3

 これで設定は終了で、次に登録した外付けストレージを接続するとBackup To Goが自動的に起動し「今すぐバックアップしますか?」というポップアップが現れ、10秒後に自動的にバックアップが始まります。また、外付けストレージ内に新しいファイルが見つかると比較し「Restore」か「Replace」を選択可能です。


Backup-To-Go-description4

 Backup To Goは最新のファイルのバックアップを素早く作成し、外出するためのユーティリティアプリなので、過去のファイルのバックアップや定期的バックアップを行えるTimeMachineなどとの併用を推奨しています。

*Backup To Go should be used as an additional layer of protection, to something like Apple’s Time Machine.

TimeMachineとの違いは以下の様な感じです。

Backup To Go
Backup-To-Go-logo-icon
TimeMachine
TimeMachine-logo-icon
バックアップファイル バックアップファイルの指定が可能 ボリューム全体(一部除外可能)
バージョン管理 最新のバージョンのみ バージョン管理が可能
バックアップストレージ内 ディレクトリ構造ごとコピー 疑似ハードリンク

Backup To Go 無料

Backup To Go – Protect your important files, take them to go.
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料
リリース日: 2014/06/28

関連リンク:
MacBookシリーズのSDカードスロットにぴったり収まる Nifty MiniDrive vs PNY StorEDGE vs Transcend JetDrive Liteレビュー&ベンチマークスコアまとめb.hatena


[2014年6月30日 午後1:54:誤字修正しました (変容 → 併用)失礼しました。]

コメント

  1. Apple7743 より:

    変容→併用?

  2. Apple7743 より:

    これいいね。
    レガシーなバックアップ方法だけどTimeMachineはバックアップが始まると數十分かかるしピンポイントでバックアップしてくれないから急いでる時イライラしちゃうけどこれならそれが無さそう。