YouTubeやVimeoで公開されている動画をMacのスクリーンセーバーに設定できる「VSaver」がtvOS 12のスクリーンセーバーに対応。

スポンサーリンク

 YouTubeやVimeoで公開されている動画をMacのスクリーンセーバーに設定できる「VSaver」がtvOS 12のスクリーンセーバーに対応しています。詳細は以下から。

デスクトップとスクリーンセーバー

 VSaverはポーランドのエンジニアJarek Pendowskiさんが開発&公開しているオープンソースのMac用スクリーンセーバー拡張で、YouTubeやVimeo、Wistiaなどで公開されている動画をMacのスクリーンセーバーとして設定することができますが、このVSaverがtvOS 12のスクリーンセーバー・ソースに対応しています。

VSaver
VSaver is a macOS screensaver which allows you to play videos from different sources as a screen saver.

pendowski/VSaver – GitHub

 VSaverの使い方はGitHubからスクリーンセーバー拡張をダウンロード&インストールして、macOSのシステム環境設定アプリ → [デスクトップとスクリーンセーバー] → [VSaver] → [スクリーンセーバーのオプション…]を開き、

VSaver is a macOS screensaver

YouTube/Vimeo/Wistiaの場合はURLをtvOS12のスクリーンセーバーを利用したい場合は以下のアドレスを入力して、ランダムやミュート、ソースラベルの表示、動画のクオリティ(1080p/4K)設定をするだけで、各ソースの動画がスクリーンセーバーとして設定できるので、興味のある方は試してみて下さい。

appletv://tvos12