iPad Pro (M4)は排熱パフォーマンスが20%改善されたことで、長時間の高負荷なワークロードでもより安定した動作が可能に。

iPad Pro 13インチ (M4)とiPad Pro 12.9インチ (第6世代) iPad Pro
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 iPad Pro (M4)は排熱パフォーマンスが20%改善されたことで、長時間の高負荷なワークロードでもより安定した動作が可能になっています。詳細は以下から。

iPad Pro M4

 Appleは現地時間2024年05月07日、スペシャルイベントLet Loose. (何でもあり。)」で、Apple史上最も高速なNeural Engineを搭載したApple M4チップとタンデムOLEDテクノロジー採用のUltra Retina XDRディスプレイを搭載した新しいiPad Pro (M4)モデルを発表しました際、

iPad Pro (M4)

新しいiPad Pro (M4)は、排熱パフォーマンスを上げるため筐体にグラファイトシートを組み込み、Appleのロゴに銅を使ったことで、一世代前のiPad Pro (第6世代)と比較して排熱パフォーマンスが約20%向上させたと発表しましたが、

iPad Pro (M4)の排熱パフォーマンス

iPad Pro (M4)の排熱パフォーマンス

iPad Pro 13インチ (M4)をApple M2チップを搭載した一世代前のiPad Pro 12.9インチ (第6世代)が借りられたので、高負荷の3Dレンダリングを20回繰り返しFPSを測定する3D Markの「Wild Life Extreme Stress Test」を利用してストレステストを行い、FLIRのサーモグラフィー(赤外線カメラ)でiPad Proの排熱を確認してみました。

3D MarkのWild Life Extreme Stress Test

iPad Proのストレステスト

 排熱の結果は以下の動画の通りで、iPad ProはAppleロゴが鏡面仕上げの様になっており、赤外線が反射されFLIRで正確な数値が取れていませんが、iPad Pro (M4)は全体を通してロゴ周辺の温度がApple M2チップのiPad Pro 12.9インチより2~5度低く、

iPad Pro 12.9インチは中央のロジックボードにそって熱が伝わっていくのに対し、iPad Pro 13インチ (M4)は時間が経過するにつれ、熱が筐体全体に伝わっていくのが見えると思います。

iPad Pro 13インチ (M4)とiPad Pro 12.9インチ (第6世代)

iPad Pro 13インチ (M4)とiPad Pro 12.9インチ (第6世代)

 この結果、3D MarkのWild Life Extreme Stress Testでは、iPad Pro 12.9インチ (第6世代)のストレステストのScoreがLoop 1で6141, Loop 20で4209と安定度68.5%だったのに対し、iPad Pro 13インチ (M4)ではLoop 1で7224, Loop 20でも6024と安定度83.4%と安定性が大きく向上しており、

3D MarkのWild Life Extreme Stress Test

3D MarkのWild Life Extreme Stress Test

Performanceも、iPad Pro 13インチ (M4)の方がLoop 1とLoop 20でのFPS数が近く、FPS数の最大/最小値もiPad Pro 12.9インチ (第6世代)が18 to 51FPSとなったのに対し、iPad Pro 13インチ (M4)は24 to 63とより高いスコアで安定しているので、iPad Pro (M4)は排熱パフォーマンスの向上により、長時間の高負荷なワークロードでも一世代前のiPad Proより安定して利用できそうです。

iPad Pro 13インチ (M4)とiPad Pro 12.9インチ (第6世代)のWild Life Extreme Stress Test

クリックで拡大

コメント

タイトルとURLをコピーしました