MOFT、Magic KeyboardやiMacのようなヒンジデザインでiPad Proのディスプレイ位置と角度を調整できるスタンド一体型ケース「MOFT Float」の発売キャンペーンをKickstarterで開始。

スポンサーリンク

 MOFTがMagic KeyboardやiMacのようなデザインのiPad Pro用スタンド兼ケース「MOFT Float」の発売キャンペーンをKickstarterで開始しています。詳細は以下から。

MOFT Float for iPad Pro

 アメリカと中国に拠点を置くMOFT(Mobile Office for Travellers)は現地時間2020年09月29日、Magic KeyboardやiMacのスタンドのようなデザインで、持ち運ぶ際にはケースに収納できるiPad Pro用スタンド兼ケース「MOFT Float : Worlds First Floating Case for iPad Pro (以下、MOFT Float)」の販売キャンペーンをクラウドファンディングサイトKickstarterで開始したと発表しています。

MOFT Float Worlds First Floating Case for iPad Pro

Designed for a more productive iPad Pro using experience, The MOFT Float builds kickstand into a tablet case. With the foldable structure, it protects the device while providing 3 viewing modes to ease neck pain in all the iPad Pro using scenario. Lightweight, slim, and portable, it empowers a mobile but focused working experience anywhere.

メーリングリストより

 MOFT FloatはiMacのような脚とヒンジ構造のデザインで、AppleがiPad Pro/Air 2020用に販売しているMagic Keyboard for iPadよりも高い3.15インチ(約8cm)までiPad Pro/Air 2020のディスプレイ位置を調整できるほか、

AppleのMagic KeybaordとMOFT Float

MOFT独自のダブルヒンジ構造により、Floating Modeでは最大130°までiPad Pro/Air 2020のディスプレイを傾けることが可能となっているそうです。

MOFT Floatの仰角

 また、MOFT FloatはFloating Modeの他に一般的なStable Mode、読書などに最適なPortrait Modeにすることが可能で、ヒンジ部分はアルミニウム合金製で8,000回以上の開閉にも耐え、

MOFT Floatの3Modes

サイズは11インチモデルと12.9インチモデルが用意されており、11インチモデルは10月発売のiPad Air 2020にも対応予定。

MOFT Float 11″と互換性のあるiPad

  • iPad Air 2020
  • iPadPro 11-in (1st generation) 2018
  • iPadPro 11-in (2nd generation) 2020

MOFT Float 12.9″と互換性のあるiPad

  • iPadPro 12.9-in (3rd generation) 2018
  • iPadPro 12.9-in (4th generation) 2020

 Kickstarterではキャンペーンが成功すれば通常販売価格59ドルのMOFT Float 11″/12.9″のどちらか1つを39ドル以上の出資で2012年01月に発送してもらえるそうですが、キャンペーンは開始24時間で既に目標金額(10,000ドル)の920%の出資を集めているので、興味のある方はチェックしてみてください。

MOFT Float founded