NTFS-3GとmacFUSEにより、macOS 13 VenturaでもNTFSフォーマットのストレージを読み書き可能な状態でマウントしてくれる「Mounty for NTFS 2.0」がリリース。

スポンサーリンク

 NTFS-3GとmacFUSEにより、macOS 13 VenturaでもNTFSフォーマットのストレージを読み書き可能な状態でマウントしてくれる「Mounty for NTFS 2.0」がリリースされています。詳細は以下から。

Mounty for NTFS

 Mounty for NTFSはドイツのUwe Hollatzさんが開発しているMac用ストレージユーティリティで、macOSでは読み取り専用の状態でマウントされるWindowsのNTFSでフォーマットされたHDDやUSBメモリを、読み書き可能な状態で再マウントしてくれる機能がありますが、新たにmacOS 13 Venturaをサポートした「Mounty for NTFS 2.0」がリリースされています。

Mounty for NTFS v2 now support macOS 13 Ventura

Mounty for NTFS v2.0

  • first Version supporting macOS Ventura

リリースノートより抜粋

 macOS 13 Venturaでは、macOS 12 MontereyまでBootCampのインストールのために実装されていたNTFSフォーマットのストレージを読み書き可能な状態でマウントするカーネル拡張「NTFS.kext」が廃止され、ユーザースペースで実行するフレームワークへ移行した際にNTFSファイルシステムを読み書き可能な状態でマウントする機能はエンドユーザー向けに提供されなくなったため、MountyはmacOS 13 Venturaで利用できなくなっていました。

Mounty for NTFS re-mount USB

macOS 12 Montereyで動作するMounty for NTFS v1.x

 これに対し、Hollatzさんは現地時間2023年03月12日、macOSデフォルトではサポートしていないサードパーティのファイルシステムを利用できるようにするNTFS-3GとmacFUSE(旧Google MacFUSE)を利用し、macOS 13 Venturaに対応した「Mounty for NTFS v2.0」をリリースしており、

Mounty for NTFS v2.0にはNTFS-3GとmacFUSE

Mounty for NTFS v2.0にはNTFS-3GとmacFUSEのインストールが別途必要になっています。

上記の通り、NTFS-3GとmacFUSEのインストールは必要となりますが、NTFSフォーマットのストレージを接続すると、これまで通り読み書き可能な状態で再マウントしてくれるので、よくNTFSフォーマットのストレージを利用される方は試してみてください。

Mounty for NTFS v2.0

  • first Version supporting macOS Ventura
  • dependencies added: ntfs-3g and macFUSE

インストール方法

  1. Install macFUSE:
  2. brew install macfuse

  3. Install ntfs-3g-mac :
  4. brew tap gromgit/homebrew-fuse
    brew install ntfs-3g-mac

  5. Install Mounty with command :
  6. brew install gromgit/fuse/mounty

  7. 初期セットアップでは、セキュリティ許可と再起動、ディスクアクセスが必要です。
    • macFUSEを承認するため、Venturaのシステム設定アプリから[プライバシーとセキュリティ]でmacFUSEを開発している”Benjamin Fleischer“さんの署名付きドライバを許可する。
    • ntfs-3gドライバーを承認しMacを再起動する。
    • Mountyのディスクアクセスを許可する。

コメント

  1. ちいかわ より:

    大変有益な記事ありがとうございます
    インストール方法の4の詳細を画像付きでご教示いただけないでしょうか?
    よろしくおねがいいたします

  2. 匿名 より:

    いつも参考にさせて貰っています。
    Mountyのインストールですが、”brew install –cask mounty” では 1.16 がインストールされてしまうようです。
    MountyのWebページでは、ver 2.x は “brew install gromgit/fuse/mounty” でインストールするようにとの記載があります。