macOS 13 VenturaではFinderサイドバーに表示されているiCloud Driveの同期インジケータをクリックすると進行状況がポップアップで表示されるように。

スポンサーリンク

 macOS 13 VenturaではFinderのiCloud Driveインジケータをクリックすると同期の進行状況がポップアップで表示されるようになっています。詳細は以下から。

iCloud Driveフォルダ共有

 Appleは2015年にリリースしたOS X 10.11 El Capitanで、Finderに統合されているiCloud Drive機能を改善し、アップロード時の進行状況を表示するインジケータを追加しましたが、

OS X 10.11 El CapitanのiCloud Driveインジケータ

OS X 10.11 El CapitanのFinderに表示されるiCloud Driveインジケータ

2022年10月にリリースされたmacOS 13 Venturaでは、Finderサイドバーに表示されているiCloud Drive横の(i)マークをクリックするとiCloud Driveとの同期状態をポップアップ式のインジケータバーで表示してくれるようになっています。

macOS 13 VenturaのFinderに表示されるiCloud Driveインジケータ

macOS 13 VenturaのFinderに表示されるiCloud Driveインジケータ

 macOS 12 MontereyまでのFinderはiCloud Driveの同期状態を表示するインジケータバーがフローティングウィンドウ式でしたが、Venturaでは以下の用意にポップアップ式になっており、同期が完了したことも「iCloudと同期済み」として表示されるようになっています。

macOS 12 MontereyとmacOS 13 VenturaのiCloud Driveインジケータ

macOS 12 MontereyとmacOS 13 VenturaのiCloud Driveインジケータ

 このインジケータバーはドラッグ&ドロップすると着脱可能で、MontereyのiCloud Driveインジケータのようにデスクトップ上の好きな位置に表示しておくことも可能なので、Venturaへアップグレードされた方はチェックしてみてください。

macOS 13 VenturaのiCloud Drive同期インジケーター

おまけ

 ちなみに、着脱式のインジケータバーはSafariのダウンロードインジケーターにも採用されています。

Safariのダウンロードインジケーター

  • macOS 13 Venturaの新機能まとめ (準備中)

コメント

  1. 匿名 より:

    着脱式はびっくり
    UIにヒントがない気がするんですがよく気がつきましたねこれ