Brydge、最新のMacBook Pro/Airを縦に配置できるThunderbolt 4ドッキングステーション「Brydge ProDock」を発表。

スポンサーリンク

 Brydge、MacBook Pro (14-/16-inch, 2021)やMacBook Air (M2, 2022)を縦に配置できるThunderbolt 4ドッキングステーション「Brydge ProDock」を発表しています。詳細は以下から。

Brydge ProDock for MacBook Pro 2021

 Apple製デバイスの周辺機器を開発&販売している米ユタ州のサードパーティ製メーカーBrydgeは現地時間2022年07月19日、新たに最新のMacBook Pro/Airを縦に配置できるThunderbolt 4対応のドッキングステーション「Brydge ProDock」を2022年秋にも発売すると発表しています。

Brydge ProDock MacBook Pro and Air TB4 Docking Station

 Brydge ProDockはBrydgeが過去に発売したVertical Dockと同様に、MacBook Pro/Airをリッドクローズドモードにし、縦に設置してデスクトップを有効に使うことができるドッキングステーションで、

Brydge ProDock MacBook Pro and Air TB4 Docking Station

ドッキングステーションの背面には、付属する135W電源アダプタ用のDC-in、Thunderbolt 4ポート(Dual 4K@60Hz映像出力対応)、3つのUSB-A (USB 3.2 Gen 2)、Ethernetポート、側面にはUSB-C (USB 3.2 Gen 1)、SDカードリーダー、3.5mm Audioポートの合計11ポートを搭載。

Brydge ProDock MacBook Pro and Air TB4 Docking Station

クリックで拡大

 ドッキングステーション内部には、MacBook Pro/AirのThunderbolt 4ポートに接続する最大98W Power Deliveryに対応したUpstreamポートが配置されており、前面にはMagSafeに対応し、iPhone 13/12を最大15Wで充電できるワイヤレス充電パッドを搭載。

Brydge ProDock MacBook Pro and Air TB4 Docking Stationワイヤレス充電パッド

 Brydge ProDockには、MacBook Pro (14-/16-inch, 2021)とMacBook Air (M2, 2022)に対応する3つのドッキングスリーブ、135W電源アダプタが付属し、価格は399.99ドルで、本日よりプレオーダーが開始され、2022年秋の発売を予定しているそうです。

PV