MacBook Pro 2018のキーボード内にあるラバーレイヤーはキー内にゴミが入るのを防ぎ、スペースバーは取り外しやすいデザインに。

シェアする

スポンサーリンク

 MacBook Pro 2018のキーボード内にあるラバーレイヤーはキー内にゴミが入るのを防ぎ、スペースバーは取り外しやすいデザインになっているそうです。詳細は以下から。

MacBook Pro 2018のアイコン

 Appleは現地時間2018年07月11日より発売を開始したMacBook Pro (2018)モデルで第3世代バタフライ構造のキーボードを採用し静音性を向上させたと発表しましたが、

その後、米iFixitの分解レポートにより第3世代バタフライ構造のキーボード内には第2世代にはない薄いラバーレイヤー(シリコンバリヤ etc,)があることを発見し、このラバーレイヤーがキーボードの静音化やキーボード内にゴミが入るのを防いでくれるだろうと推測されていましたが、この第3世代バタフライ構造のキーボードについてiFixitが追加レポートを公開しています。

スポンサーリンク

ラバーレイヤーの役割

 iFixitはまず、第3世代バタフライ構造のキーボードに粉状にした塗料添加物をかけてキートップを剥がしたところ、粉末は以下のようにキーの縁(エッジ)に集まり、キー内には入らなかったそうで、

We started with a fine, powdered paint additive to add a bit of color and enable finer tracking (thanks for the tip, Dan!). Lo and behold, the dust is safely sequestered at the edges of the membrane, leaving the mechanism fairly sheltered.

Anatomy of a Butterfly (Keyboard)—Teardown Style | iFixit

粉末がユーザーのタイピングにより移動しキー内に入る可能性もあるため、この侵入防止策はフールプルーフとしてまだ完璧ではないようですが、第2世代バタフライ構造のキーボードが1粒のゴミで動かなくなったことを考えると、一定の対策にはなっているようです。

新しいデザインのスペースバー

 Appleの第2世代バタフライ構造キーボードの中でクレームが多かったのがスペースバーで、Ars TechnicaのシニアエディタのCasey JohnstonさんやミュージシャンのJonathan Mannさんらが、旧MacBook Proのスペースバーが利用できなくなり、シザー構造のスペースバーキーと違い掃除が難しいと批判していましたが、

iFixitによると、MacBook Pro 2018ではキーキャップの厚さが2017モデルの1.5mmから1.25mmに変更されている他、あまり違っているようには見えないそうですが、スペースバーキーのデザインが刷新され、バタフライ構造からスペースバーのキーキャップを簡単に取り外して交換できるようになっているそうです。

MacBook Pro 2018のスペースバーキー

It may not look much different, but the keycap separates readily from the butterfly mechanism, instead of ripping it out wholesale and damaging it in the process. Apple is rumored to be providing key cap replacements, so it seems like they’re confident in this thinner, readily removable design.
New removable-spacebar hotness on top, below it: old and busted (literally) in the process of removal.

Anatomy of a Butterfly (Keyboard)—Teardown Style – iFixit

おまけ

 また、Mac Rumorsが得た情報によると、Appleは正規サービスプロバイダなどに新しいキーボードには薄い膜(ラバーレイヤー)があることを通知し、他にMacBookのキーボード及びキーキャップに関連した60分のWebブロードキャストを配信すると通知したそうで、

Now, in another internal document obtained by MacRumors, Apple has announced that it will be hosting a series of 60-minute web broadcast events focused on servicing Mac notebook keyboards and keycaps.

Apple Offers Technicians Additional Training on MacBook Keyboards With Series of Web Broadcasts – Mac Rumors

このトレーニングはキーボードのトラブルシューティングやクリーニング、キーキャップの交換方法にフォーカスした内容となっているそうなので、今後キーボードに問題が発生しても、Apple Storeや正規サービスプロバイダで一定の問題は解決できようになると思います。

コメント

  1. 匿名 より:

    パソコン・キーボード掃除には、HAKUBAという会社のブロアーがおすすめです。
    もともとはカメラ用に買ったものだったのですが、意外と色々と役に立つアイテムでした
    黒色だと見かけが怪しいですが、空港で止められたことはありません。

  2. 匿名 より:

    よくこれだけ細かい部品作れるな。

    • 匿名 より:

      そりゃ部品メーカー虐めてるから。
      ていうか、大したこたないよ。極小の精密遊星歯車なんかの方が遥かに高精度。

      そんな事よりこの時代になってまだ1の隣にESCが無いとか、ホームポジションから手を離させて⌘キー押させるって事を気にして欲しいな。

  3. 匿名 より:

    第4世代は隙間ゼロにして欲しい