Apple、次期macOS 13 Venturaで認証済みメールにブランドのロゴを表示するBIMIやAirPodsの設定画面を追加すると発表。

スポンサーリンク

 Appleが次期macOS 13 Venturaで認証済みメールにブランドのロゴを表示するBIMIやAirPodsの設定画面を追加すると発表しています。詳細は以下から。

macOS 13 Ventura

 Appleは現地時間2022年07月12日、Apple Beta Software Programメンバー向けにmacOS 13 VenturaやiOS/iPadOS 16のPublic Beta版を公開しましたが、同時に、macOS 13 Venturaで追加される新機能をまとめたmacOS Ventura Previewページをアップデートし、いくつかの新機能を追加しています。

macOS Ventura Preview update july 2022

スポンサーリンク

macOS 13 Venturaで追加される新機能

メール

 AppleはWWDC22の基調講演の中で、macOS 13 VenturaやiOS 16でメールアプリを大幅にアップデートし、メール送信の取り消しや送信のスケジュール、リマインダー通知、スマート検索の修正、リッチリンク機能を追加すると発表していましたが、

macOS 13 VenturaとiOS 16のメールアプリ

新たに追加された新機能によると、macOS 13 VenturaやiOS 16のメールアプリでは、なりすましやフィッシングメール対策として、登録されたドメインから送信される認証済みメールに対しブランドロゴを表示するBIMI (Brand Indicators for Message Identification)」がサポートされるそうです。

Fastmail support BIMI

BIMIはGmailやYahoo!、Fastmailが対応しています。

AirPods

 AppleはmacOS 13 Venturaで、これまで「システム環境設定」と呼んできたアプリをシステム設定に変更し、SwiftUIを利用してデザインを刷新すると発表していますが、

macOS 13 Venturaのシステム環境設定

新たに追加された項目によると、Venturaのシステム設定アプリでは、Appleの完全ワイヤレスイヤホンAirPodsを接続すると、AirPodsの設定項目がサイドバーに表示され、そこからAirPodsの名前やファームウェア、シリアルナンバーの確認、タップ時のアクションや自動装着検出のON/OFFF、マイクの切り替え、空間オーディオ、ANCなどの設定が可能になるため、

macOS 12 MontereyのAirPods設定

macOS 12 MontereyのAirPods設定

今後はBluetooth設定 → [AirPods] → [オプション]へ移動しなくても、簡単にAirPodsの設定ができるようになりそうです。

これらの変更は本日リリースされたPublic Beta版で既に利用できるようになっています。