macOS 13 Venturaでは、システム設定アプリにサイドバーが加わりiPadOSの設定アプリのようなデザインに。

スポンサーリンク

 macOS 13 Venturaでは、システム設定アプリにサイドバーが加わりiPhoneやiPadの設定アプリのようなデザインになるそうです。詳細は以下から。

システム設定のアイコン

 Appleは日本時間2022年06月07日から開催している、世界開発者会議(WWDC22)の基調講演の中で次期Mac OS「macOS 13 Ventura」を発表しましたが、このVenturaではシステム環境設定アプリがSwiftUIで刷新されるそうです。

macOS 13 Venturaのシステム環境設定

システム設定にサイドバーが新しく加わります。iPhoneとiPadのユーザーならすぐに慣れ親しむデザインで、Macの設定や構成がこれまで以上に簡単になります。

macOS Venturaプレビュー – Apple(日本)

 Appleが公開したmacOS Venturaプレビューページによると、macOS 13 Venturaのシステム環境設定アプリは、これまでのタイル状の設定画面から、iPadOSの設定アプリのようなサイドバーデザインに変更され、

macOS 12 Montereyのシステム設定アプリ

macOS 12 Montereyのシステム設定アプリ

iPhoneやiPadユーザーなら直ぐに慣れ親しむデザインで、Macの設定や構成を、これまで以上に簡単に行えるようになっているそうなので、Beta版にアクセスできる方はチェックしてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    慣れ親しんだものが変わるのは名残惜しいけどこれは歓迎かな。
    タイル表示は目当ての設定が意外と探しにくかったんですよね。
    あとアプリ名がシステム環境設定→システム設定になるんですね。

  2. 匿名 より:

    今までスクロールの手間なく全ての項目を一目で見渡すことができたのに、今回のiPadOSライクなシステム設定は明らかに改悪。正式版までに撤回されてほしい。

  3. 匿名 より:

    うーんなんか嫌だな・・・今の方がコンパクトにまとまってていいと思うんだけどな

  4. 匿名 より:

    なんかWindowsみたいだなあ