Apple、UltraFusionアーキテクチャを採用し最大20コアCPU/64コアGPU/128GBメモリが選択可能な「Apple M1 Ultra」チップを発表。

スポンサーリンク

 AppleがUltraFusionアーキテクチャを採用し最大20CPU/64GPU/128GB RAMが選択可能な「Apple M1 Ultra」チップを発表しています。詳細は以下から。

Apple M1 Ultra chip

 Appleは現地時間2022年03月08日に開催したスペシャルイベント「Peek performance.」の中で、新たにUltraFusionアーキテクチャを利用し帯域幅を損なわずにApple M1 Maxチップを2つ組み合わせたApple M1チップ最後のモデル「Apple M1 Ultra」チップを新たに発表しています。

Apple M1 Ultra

スポンサーリンク

Apple M1 Ultra

 元IntelのR&Dセンターでマネージャーで、現在はAppleのハードウェアSVPを務めるJohny Sroujiさんはスペシャルイベントの中で、Appleが昨年発表したApple M1シリーズのチップをデスクトップ向けに進化させようとすると、M1 Maxチップ以上のダイを開発するのは物理的な制約により困難で、

Apple M1 Pro Max

このため他のメーカーはマザーボードを介して2つのプロセッサを繋ぐアプローチを取っているものの、そのアプローチでは遅延の増加や帯域幅の減少、消費電力の増加に繋がり、デベロッパーはこのアーキテクチャによりコードの変更も行わなければならないと前置きした上で、昨年発表したApple M1 Maxチップにある秘密があったと話を初めます。

 Apple M1 Maxチップの秘密とは、Apple M1 Maxチップのダイとダイを繋ぐダイツーダイ(Die-to-Die)インターコネクトのことで、Appleはこのインターコネクトテクノロジーを利用したマルチダイアーキテクチャを「UltraFusionアーキテクチャ」と名付け、

Apple UltraFusion

このUltraFusionアーキテクチャによりAppleはApple M1 Maxチップを2つ組み合わせApple M1 Ultraチップを開発したそうで、Apple M1 Ultraチップの2つのダイ(M1 Max)間は1万以上のシリコンインターポーザーで接続され、帯域幅は2.5TB/sという大容量/低遅延を実現し、消費電力の上昇もわずかに抑えられており、

Apple UltraFusion

macOSのソフトウェアからは2つのチップ(ダイ)は1つのチップのように動作し、ユニファイドメモリの恩恵を保ちつつ、高帯域幅のメモリサブシステムもサポートされているため、メモリ帯域幅は800GB/sまで増加し、最大メモリ容量は128GBまで可能。

UltraFusionアーキテクチャ

CPU/GPU/RAM

 こうして開発されたApple M1 Ultraチップは、AppleM1 Maxチップの2倍となる16の高性能コアと4つの高効率コアの最大20コアCPUと、同じくApple M1 Maxチップの2倍となる8192EU(execution units)、21テラフロップスの64コアGPUがApple M1チップの8倍の性能を提供し、

加えて合計32コアのNeural Engineが毎秒22兆回の演算処理を行うことができる他、H.264とHEVC(H.265)に加えApple ProResのハードウェア・アクセラレーションをサポートしたメディアエンジンを2つ備えているそうです。

消費電力

 さらにAppleはApple M1 Ultraチップのパフォーマンスと消費電力についても言及し、16コアのIntel Core i9-12900KとDDR5メモリを搭載したシステムと比較して、M1 Ultraチップは同じ電力で90%高いパフォーマンスを発揮し、i9-12900Kのピーク性能を100W少ない電力量で発揮することが可能で、

16-core PC desktop CPU performance data from testing Core i9-12900K and DDR5 memory
Highest-end discrete GPU performance data from testing Core i9-12900K with DDR5 memory and GeForce RTX 3090

GPUについてもGeForce RTX 3090と比較して、ピーク性能を200W少ない電力で発揮できると発表しまし、このApple M1 Ultraチップを搭載した「Apple Studio」を同時に発表しています。

Apple M1シリーズ

Apple
M1 Ultra
Apple
M1 Max
Apple
M1 Pro
Apple
M1
ロゴ Apple M1 Ultraチップ Apple M1 Maxのロゴ Apple M1 Proのロゴ Apple M1
CPU 20-Core
高性能コア:16-Core
高効率コア:4-Core
10-Core
高性能コア:8-Core
高効率コア:2-Core
8-Core or 10-Core
高性能コア:6-/8-Core
高効率コア:2-Core
8-Core
高性能コア:4-Core
高効率コア:4-Core
GPU 64-Core 32-Core or
24-Core
16-Core or
14-Core
8-Core or
7-Core
メモリ 128GB(Max) 64GB(Max)
32GB
32GB(Max)
16GB
16GB(Max)
8GB
メモリ帯域 800GB/s 400GB/s 200GB/s 66GB/s
Neural Engine 32-Core 16-Core
トランジスタ数 1,140億 570億 337億 160億
外部ディスプレイ 最大5枚 最大4枚 最大2枚 最大1枚
I/O Thunderbolt 4 Thunderbolt/USB 4

コメント

  1. 匿名 より:

    M1 Ultra見るとPentium Dを思い出すぜ。