MacBook ProのTouch Barにアプリ切替えボタン設置してくれる「TouchSwitcher」がmacOS 11 Big SurとApple M1チップに対応し、Touch Bar表示の上書き機能を強化。

スポンサーリンク

 MacBook ProのTouch Barにアプリ切替えボタン設置してくれる「TouchSwitcher」がmacOS 11 Big SurとApple M1チップに対応し、Touch Bar表示の上書き機能を追加しています。詳細は以下から。

TouchSwitcher

 TouchSwitcherはHazeOverなどを開発しているロシアのMaxim Ananovさんが2016年に公開したMacBook ProのTouch Bar用ユーティリティアプリで、Touch Barにアプリ切り替えボタン/Dockを表示してくれる機能がありますが、このTouchSwitcherのv1.4アップデートがリリースされています。

TouchSwitcher Apple Silicon M1

Updated for macOS Big Sur with native support for Macs with new Apple Silicon M1 chips.

リリースノートより抜粋

 TouchSwitcher v1.4ではmacOS 11 Big Surに最適化され、IntelとApple Silicon (M1チップ) Macに対応したUniversal Binaryとなった他、Touch Bar対応アプリを起動した際に、Touch Bar上に表示されるアプリ固有のAppコントロールとControl StripをF1やF2キーに上書きするだけではなく、Spaces&Control Strip、Quick Actions&Control Stripといった機能を上書き表示できるようになりました。

TouchSwitcherの機能強化

 また、Touch Bar上に表示されているアプリアイコンをタップする際に、Shiftキーを押しながらタップするとアプリを非表示に、Optionキーを押しながらタップするとアプリを終了、Controlキーを押しながらタップすると設定を開く機能が追加されているので、MacBook Pro (M1, 13-inch, 2020)を購入れた方は試してみてください。

リリースノート

  • Updated for macOS Big Sur with native support for Macs with new Apple Silicon M1 chips.
  • More options to override what Touch Bar shows for certain apps: Spaces and Quick Actions. In addition to Expanded Control Strip, “F1, F2, etc.” Keys, App Controls.
  • Changed key modifiers for when you tap TouchSwitcher icon in the Control Strip. Now they match modifiers for when you tap an app icon in the Touch Bar: Shift-tap to hide, Option-tap to quit, Control-tap or tap-and-hold to show settings.