Webサイト上の文字やリンクを指定した文字やリンクに置き換えてくれるmacOS/iOS対応のSafari機能拡張「X to Y」がリリース。

X to Y for Safari Extension Safari
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 Webサイト上の文字やリンクを別の文字やリンクに置き換えてくれるmacOS/iOS対応のSafari機能拡張「X to Y」がリリースされています。詳細は以下から。

X to Y for Safari Extension

 X to YはサンフランシスコでフロントエンジニアをされているMelanie Katさんが作成したSafari機能拡張で、Webサイト上の見たくない/修正して欲しい文字やリンクを置き換えることが出来ます。

Replace words and links on the web
Ever think it would be funny to replace a word with another? Sick and tired of a website deadnaming you? You are going to enjoy X to Y!

‎X to Y – App Store

 X to Yの使い方はApp Storeからアプリをダウンロードして、Safariのアドレスバーや環境設定からX to Yの機能拡張を有効にした後、置換したい文字列やリンクをX to Yのツールバーアイコンから設定するだけで、リロード後に設定した文字列やリンクが置換されます。

‎X to Y – App Store

 X to Yのシステム要件はmacOS 10.14 MojaveおよびiOS/iPadOS 15以降のSafariで、アプリは無料でApp Storeに公開されており、正規表現(`/pattern/flags`)での入力も可能なので、興味のある方は利用してみてください。

X to Y for Safari Extension

コメント

タイトルとURLをコピーしました