Webページ上のリンクやメニューをキーボードだけで操作できるSafari機能拡張「Keys for Safari」がリリース。

スポンサーリンク

 Webページ上のリンクやメニューをキーボードだけで操作できるSafari機能拡張「Keys for Safari」がリリースされています。詳細は以下から。

Keys for Safari

 Keys for SafariはPatrick Botrosさんが公開したSafari機能拡張で、VimのキーバインドでSafariを操作できるVimariのように、Safariに表示されるWeb上のリンクやメニューにショートカットキーを表示し、そのキーを入力することでキーボードのみWebコンテンツを操作することが出来ます。

‎Keys for Safari

Keys for Safari lets users browse the web without reaching for a mouse or trackpad. It differs from other mouseless navigation extensions in that it attempts to render keys stylishly on the page to improve the user experience.

‎Keys for Safari – Mac App Store

スポンサーリンク

Keys for Safariの使い方

 Keys for Safariの使い方はアプリをインストール&起動し、Keysの設定画面でアクティベーションキーを設定(デフォルトではGキー)、Safariの環境設定 → [機能拡張]で「✅Keys Extension」を有効にします。

‎Keys for Safari - Mac App Store

ショートカットキーは変更可能です。

 後は、SafariでWebページを開いてショートカットキーを押すと、操作できるWebコンテンツ上にショートカットがレンダリングされるので、そのキーをタイプするだけで、リンクやメニューをクリックしたのと同じ動作が行なえます。

How to use ‎Keys for Safari

 ‎Keys for Safariのシステム要件はmacOS 10.15 CatalinaのSafari v13以降で、Vimariのようにk/j/h/lによるキーボードナビゲーション機能はありませんが、ソースコードはGitHubリポジトリに公開されているので、興味のある方はチェックしてみてください。