Adobe、Apple Silicon M1チップをサポートした動画編集アプリ「Adobe Premiere Rush v1.5.58」を正式にリリース。

スポンサーリンク

 AdobeがApple Silicon M1チップをネイティブサポートした動画編集アプリ「Adobe Premiere Rush v1.5.58」を正式にリリースしています。詳細は以下から。

Adobe Premiere Rush

 Adobeは現地時間2021年04月13日、動画編集アプリ「Adobe Premiere Rush」2021年04月の定期アップデートとなるバージョン1.5.58で、昨年12月よりBeta版を公開し対応を進めていたApple Silicon M1チップを正式にサポートしたと発表しています。

Adobe Premiere Rush support Apple Silicon

Premiere Rush now includes support for Apple M1 computers, including recently released models like MacBook Air M1, MacBook Pro M1, and MacMini M1.On Apple M1 computers, Premiere Rush offers improved performance for playback and editing, and faster exports, compared with comparable Intel-based systems.

Feature summary | Premiere Rush | April 2021 release – Adobe

 Apple Siliconをサポートした「Premiere Rush v1.5.58」はIntelとApple SiliconをサポートしたUniversal 2 Binaryとなっており、同程度のシステムを搭載した前モデル(Intelベース)のMacと比較して、動画の再生や編集、書き出しのパフォーマンスが向上しているほか、

Adobe Premiere Rush Universal Binary

H.264やH.265 in MP4, MOV動画はもちろん、.PNGや.GIF,.JPEGなどのイメージファイルもサポートしているため、前モデルのIntel MacからApple Silicon Macへシームレスに移行する事ができるようになっています。

Adobe Premiere Rush Universal Binary

 Apple SiliconをサポートしたAdobe Premiere RushはAdobe Creative Cloudデスクトップアプリからダウンロード/アップデートできるので、ユーザーの方はチェックしてみてください。

Creative Cloud デスクトップアプリ

注意事項より:Premiere RushのApple Siliconバージョンがデフォルトでマシン上で開きますが、「その他のオプション」メニューからいつでもIntelバージョンのPremiere Rushにアクセスできます。