Mac用Adobe Creative CloudアプリのインストーラーがバックアップサービスBackblazeの隠しフォルダを誤って消去してしまう不具合が確認される。

シェアする

スポンサーリンク

 Mac用Adobe Creative CloudデスクトップアプリのインストーラーがバックアップサービスBackblazeの隠しフォルダを消してしまう不具合が確認され、公式アカウントが注意を呼びかけています。詳細は以下から。



 「Backblaze」は月額5ドルで無制限のデータバックアップを提供してくれるオンライン・バックアップサービスですが、このBackblazeの設定ファイルがAdobe Creative Cloudのデスクトップアプリにより削除されてしまうケースが確認されたとして注意を呼びかけています。

We’ve encountered an issue on the Mac where Adobe Creative Cloud appears to be removing the contents of the first hidden folder at the root of the drive, in alphabetic order. By happenstance, the first hidden folder on most Backblaze customer’s internal drive is the .bzvol folder. You can learn more about this folder and what it does in this article:

.bzvol is missing : Help Desk

スポンサーリンク

報告されている不具合

 Backblazeの公式サイトやTwitterアカウントによると、現在Adobeが配布しているAdobe Creative Cloud インストーラー v3.5.0.206を利用しAdobe CCのデスクトップアプリをインストールしようとすると、

Adobe-CC-Delete-Backblaze

 ルートディレクトリにあるBackblazeの設定ファイル置かれている隠しフォルダ「/.bzvol」が消去され、バックアップが正常に行われないことを確認したそうです(以下検証動画)。

When Adobe Creative Cloud updates or even a fresh install it deletes the Backblaze files inside the /.bzvol folder. Backblaze uses that folder to keep track of the hard drive it is backing up. Adobe is deleting files in another application.

 この不具合はAdobe CCインストーラーの初期化に問題があるようで、以下のコマンドを利用し、事前にルートディレクトリに「/.adobedontdeletemybzvol」を作成しておくと回避されるそうです。

To correct this, please do the following:
Open Terminal, which is found in Utilities under your Application folder.
Copy and paste the below command, pressing enter after:

sudo mkdir /.adobedontdeletemybzvol

After you press enter, you will need to enter your Mac Admin password and hit enter to create the folder.
This should protect your .bzvol folder from being emptied by Adobe Creative Cloud, as the new folder is now first alphabetically.

.bzvol is missing : Help Desk

 また、Backblazeではこの不具合により、設定ファイルが削除された場合の対処法も公式サイトに掲載しているので、ユーザーの方は確認してみてください。

追記

 Adobeはこの不具合を修正したAdobe Creative Cloud v3.5.1.209をリリースしています。この件に関しての詳しい情報は以下の通り。

  1. Adobe、Adobe Creative Cloudのアップデートが原因で、Macの一部のデータが削除されてしまう不具合があるとしてアップデートの配信を一時中止。
  2. Mac用Adobe Creative CloudアプリのインストーラーがバックアップサービスBackblazeの隠しフォルダを誤って消去してしまう不具合が確認される。
  3. Adobe CCのデスクトップアプリによりMacのルートディレクトリにある一部のデータが 削除されてしまう現象はAdobe CCのログイン/アウトでも発生。
  4. Adobe、Adobe CCデスクトップアプリがMacのルートディレクトリにある不可視フォルダを削除してしまう不具合を修正したAdobe CC v3.5.1.209をリリース。

関連リンク

コメント

  1. Apple7743 より:

    なぜこんなピンポイントで…
    わざわざ回避方法も仕込まれてるし……

  2. Apple7743 より:

    Netscapeが流行りだした頃、MSのwebサイトは、背景を白い1ドットのgifファイルで埋め尽くしていた。
    ieで見るとなんという事もないが、ネスケで見ると、背景を描画しているのが見えて劇遅という、下らない
    嫌がらせをしていた。
    他にも、MSはNetscape社にワザと壊れたmscvだかのフレームワークに関わるDLLを渡し、ネスケを
    インストールしたユーザーのPCを壊すという呆れた真似をした。
    商売敵の邪魔をするのは、大企業になるほど大胆になる。