Apple、macOS 11 Big Surの起動可能なインストーラの作成方法を公開。

スポンサーリンク

 AppleがmacOS 11 Big Surの起動可能なインストーラの作成方法を公開しています。詳細は以下から。

AppleのUSBメモリ

 Appleは日本時間2020年11月13日、デザインを刷新しウィジェットのサポートやMac Catalystで再構築されたメッセージとマップアプリを同梱したIntel/Apple Silicon Mac用OSmacOS 11 Big Surを正式にリリースしましたが、このBig Surのリリースに合わせてAppleが起動可能なインストーラの作成方法を公開しています。

ターミナルで 'createinstallmedia' コマンドを使う

What you need to create a bootable installer

  • A USB flash drive or other secondary volume, formatted as Mac OS Extended, with at least 12GB of available storage
  • A downloaded installer for macOS Big Sur, Catalina, Mojave, High Sierra, or El Capitan

How to create a bootable installer for macOS – Apple Support

スポンサーリンク

Bootable USB

 AppleはOS X 10.9 Mavericksからcreateinstallmedia”コマンドという起動可能なインストールメディアを作成するコマンドがインストールアプリに同梱しているため、Appleもこのコマンドの利用を勧めており、Big SurのインストールアプリをダウンロードしたMacと12GB以上のUSBストレージを用意したら、

macOS 11 Big Surのインストールメディア作成方法

後はアプリケーションフォルダにあるmacOS 11 Big Surのインストールアプリ内のcreateinstallmediaのパスと、インストールメディアにするUSBメモリなどのパスを指定して、実行。途中USBメモリのデータを削除するかを尋ねられるので[Y]キーを押すだけで、起動可能なインストーラUSBメモリが作成されます。

macOS 11 Big Surのcreateinstallmedia

sudo /Applications/Install\ macOS\ Big\ Sur.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/MyVolume

 以上の通り、インストールメディアの作成方法はこれまでと同じですが、Appleが公開した手順通りインストールメディアを作成したところ、

  1. 過去最大サイズとなったmacOS 11 Big Surのインストールアプリは、起動可能なインストーラメディアに13GB以上のデータを保存されるため、Appleの指定している少なくとも12GBの空き容量のあるメディアでは足りない。
  2. macOS 11 Big Surの起動可能なインストーラを指定してmacOS 10.15 Catalina以下のmacOSから起動しようと以下のようなエラーが表示される。

という2件の問題が起こっているので、この件に関してはAppleから連絡があり次第アップデートします。

macOS 11 Big Surのインストールメディアのエラー

起動ディスクを選択されたディスクに変更することはできません。ブレスツールが現在のブートディスクを設定できませんでした。

コメント

  1. nao より:

    はじめまして。
    「ブレスツールが現在のブートディスクを設定できませんでした。」(”The bless tool was unable to set the current boot disk”)というエラーメッセージは以前にも出ていたそうで
    https://discussions.apple.com/thread/250657564
    システム環境設定の「起動ディスク」で選択する代わりに一旦電源を切ってOptionキーを押しながら起動して選択すると回避できるそうです。