ライト/ダークモードだけでなく壁紙に合わせて色が変わるようになったmacOS 11 Big Surのメニューバーを見やすくする方法。

スポンサーリンク

 ライト/ダークモードではなく壁紙の色に合わせて色が変わるようになったmacOS 11 Big Surのメニューバーを見やすくする方法のまとめです。詳細は以下から。

iOSの設定アプリ

 Appleは2018年にリリースしたmacOS 10.14 Mojaveでシステムやアプリケーションのアピアランスを暗くし、ユーザーがコンテンツに集中しやすくできるダークモードを導入し、macOS 10.15 CatalinaまでmacOSではダークモードになるとメニューバーの色も暗くなっていましたが、

AppleはmacOS 11 Big Surで、壁紙の色合いでウィンドウカラーを調整する機能を導入すると同時に、ライト/ダークモードだけでなく、壁紙の色合いでもメニューバーの色を変更するように仕様を変更しました。

macOS 10.15 Catalina(上)とmacOS 11 Big Sur(下)のライト/ダークモードでのメニューバーカラーの違い。

 これに伴い、一部の壁紙(特にデフォルトのBig Sur)では壁紙にBlurがかったメニューバーの色とアプリケーション・アイコンの色が一致して見にくいという問題が起きているため、解決策をいくつかまとめました。

スポンサーリンク

解決方法

壁紙を変える

 一番簡単なのがmacOS 11 Big Surのデフォルトの壁紙から別の壁紙へ変える方法で、Big Surにプリインストールされている壁紙だと、ライトとダークモードに対応した「峰」や「樹木」、「谷」、「ドーム」が旧macOSと同じメニューバー・カラーの振る舞いになります。

macOS 11 Big Surのデフォルトの壁紙

アクセシビリティ

 もう1つの方法は、macOSのアクセシビリティ機能を使う方法で、システム環境設定の[アクセシビリティ] → [ディスプレイ]にある「透明度を下げる」というディスプレイオプションを有効にすると、メニューバーのBlur効果が消えて背景が反映されなくなり、ライトとダークモードだけでメニューバーのメニューやアイコンカラーが変更されるようになります。

システム環境設定のアクセシビリティで透明度を下げる

ChangeMenuBarColor

 先に説明した通り、macOS 11 Big Surでは壁紙にあわせてメニューバーのメニューやアプリケーションアイコンのライト/ダークモードが切り替わるため、逆転の発想として、Blurなメニューバーの特性を活かし、メニューバー下の壁紙だけを特定のカラーに変更するという方法があります。

ChangeMenuBarColor for macOS 11 Big Sur

 壁紙のメニューバー部分だけを編集するのはPhotoshopやPixelmatorなど画像編集アプリでも可能ですが、Proton Mailを開発されているソフトウェアエンジニアのIgor Kulmanさんが公開したChangeMenuBarColorというコマンドラインツールを利用すると、素早く簡単にメニューバー下の壁紙だけを変更することができます。

  • Solid color
  • ./ChangeMenuBarColor SolidColor "desired_hex_color" "optional_path_to_your_wallpaper"

  • Gradient
  • ./ChangeMenuBarColor Gradient "start_hex_color" "end_hex_color" "optional_path_to_your_wallpaper"

 ChangeMenuBarColorはダイナミック壁紙をサポートしていませんが、オープンソースでKulmanさんのリポジトリに公開されており、壁紙を元に戻したい場合はシステム環境設定の[デスクトップとスクリーンセーバー]から元の壁紙を選択するだけなので、お気に入りの壁紙がある方は試してみてください。

ChangeMenuBarColor

Boring Old Menu Bar

 Boring Old Menu Bar(BOMB)は多機能ファイル・リネームアプリ「Better Rename」シリーズを開発するFrank Reiffさんが公開したメニューバー変更アプリで、アプリを起動して旧CatalinaスタイルのメニューバーやWhite, Gray, Black, Customなどスタイルを選択するだけで、メニューバーのスタイルを変更することができます。

Boring Old Menu Bar for macOS 11 Big Sur

 BOMBもChangeMenuBarColorと同じく壁紙のメニューバー下の色だけを変える方法でメニューバーカラーを固定していますが、こちらはアプリが常駐するためダイナミック壁紙にも対応しており、より細かい設定が可能となっています。

Boring Old Menu Bar

 価格は1ライセンス9.95ドルとなっていますが、14日間のトライアル期間も用意されているので、気になる方は試してみてください。