ユニバーサル購入に対応し、iOS/iPadOSやwatchOSだけでなくmacOSアプリも公開予定のTwitterクライアント「Aviary for iOS」がリリース。

スポンサーリンク

 iOS/iPadOSやwatchOSだけでなくmacOSにも対応しユニバーサル購入可能なTwitterクライアント「Aviary」がリリースされています。詳細は以下から。

Aviary Twitter app for iOS

 Appleは2020年03月、これまでiOSやiPadOS、tvOS、watchOS向けに提供してきたユニバーサル購入をMac App Storeにも拡大し、対応アプリの購入者は1度の支払いでiOS, iPadOS, watchOS, macOSを含む全てのApple OSでアプリを使用できるようになりましたが、このユニバーサル購入に対応し、iOSやiPadOS, watchOSだけでなくmacOSもサポート予定のTwitterクライアント「Aviary」がリリースされています。

Aviary is a beautiful Twitter client built with iOS design guidelines in mind. It’s simple enough to pick up and use immediately, and powerful enough to tweak it just the way you want. The delightful interface is coupled with extensive features that feel the part on your device, whilst elevating your Twitter experience.

  • Universal app (one-time purchase to get it on iPhone, iPad, Watch, and Mac)

‎Aviary – App Store

 Aviaryを開発&公開したのはSwift@IBMプロジェクトに関わっていた元IBMのShihab Mehboob(JPEGuin)さんで、タイムラインの閲覧はもちろん、単語やハッシュタグ、正規表現での検索、トレンド、プロフィール表示、ダークモード、マルチカラム(iPadOS)などに対応しています。

Aviary for Twitter

 また、マルチアカウントやアイコンを変えられるAlternate App Icon、Siriショートカット、キーボードとトラックパッドのサポート、iMessageステッカー、ジェスチャーのカスタマイズ、アクセシビリティ、iOS 14のウィジェット機能などをサポート/搭載しています。

‎Aviary - App Store

 ‎Aviaryのシステム要件はiOS 14/iPadOS 14、watchOS 6.0以降で、macOSアプリも今後リリースよていで、ユニバーサル購入の価格は610円(4.99ドル)となっているので、クロスプラットフォーム対応のTwitterクライアントに興味がある方はチェックしてみてください。

Aviary for Mac

Aviaryの開発に伴い、Shihabさんが2018年に開発&販売したTwitterクライアントBluebirdは販売を終了したようです。