Twitterクライアント「Echofon for Twitter」のMac版が約4年ぶりにアップデートし、Twitter APIの問題を修正。

スポンサーリンク

 Twitterクライアント「Echofon for Twitter」のMac版が約4年ぶりにアップデートし、Twitter APIの問題を修正しています。詳細は以下から。

Echofon for Twitter

 米Ubermedia, Inc.は現地時間2020年01月23~25日にかけて、同社が開発するTwitterクライアント「Echofon for Twitter」シリーズのMac版を2015年以来、約4年ぶりにv1.9へアップデートし、Twitter APIの問題を修正したと発表しています。

約4年ぶりにアップデートしたEchofon for Twitter

バージョン1.9

  • Fix Twitter API issue

Echofon Lite for Twitter – Mac App Store

 Echofonによると、Echofon for Twitterシリーズは現地時間2020年01月15日頃からTwitter APIの問題によりTwitterのライムラインが読み込めない、ツイートできない不具合が発生していたそうですが、Echofon for Twitter v1.9以降ではこの問題が修正され、再び利用できるようになっています。

 今回のアップデートではTwitter APIの問題が修正されただけで、最小システム要件はMac OS X 10.7 Lionのまま変更されていないため、あまりおすすめはしませんが、比較的古いMacでも利用できると思われます。

Echofon Lite for Twitter

OS X 10.9 MavericksでのEchofon for Twitter