Apple、初めてRetinaディスプレイを搭載した「MacBook Pro (Retina, Mid 2012)」などを全世界でのオブソリート製品リストに追加。

スポンサーリンク

 Appleが初めてRetinaディスプレイを搭載した「MacBook Pro (Retina, Mid 2012)」などをオブソリート製品リストに追加しています。詳細は以下から。

MacBook Pro 15インチ

 Appleは現地時間2020年06月30日、サポートを終了したプロダクトを掲載しているVintage and obsolete productsページを更新し、「MacBook Pro (Retina, Mid 2012)」「MacBook Air (11-/13-inch, Mid 2013)」などを全世界でのオブソリート製品に追加しています。

Mac products obsolete worldwide

オブソリート製品とは、販売中止から 7 年以上が経過した製品です。Monster ブランドの Beats 製品は、ご購入時期にかかわらず、オブソリート製品の扱いになります。Apple では、例外なく、オブソリート製品に対するハードウェアサービスを終了しています。サービスプロバイダでも、オブソリート製品の部品は発注いただけません。

Vintage and obsolete products – Apple Support

 MacBook Pro (Retina, Mid 2012)はAppleが2012年06月11日に開催したWWDC 2012の基調講演で発表した15.4-inch Retinaディスプレイ搭載の初のMacBook Proで、2018年12月に米国でビンテージまたは、その他の国でオブソリートになっていましたが、これが全世界でオブソリートになったようです。

 また、AppleはMacBook Air (11-/13-inch, Mid 2013)も全世界でのオブソリート製品に追加していますが、こちらは2020年04月にビンテージ製品に追加されたばかりで、まだビンテージリストにも残っているので、今後どちらかの名前が修正されると思われます。

2020年06月30日にオブソリートになったMac

 オブソリートになった製品はハードウェアサービスが終了し、AppleおよびAASPで修理等を受けられないためユーザーの方は注意してください。